会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

膵頭十二指腸切除術患者における早期再入院と後期再入院。包括的なエピソディックコストを認識することで、バンドルされた支払い計画と病院の資源配分の指針となる | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Gastrointest. Surg..2020 Jul;10.1007/s11605-020-04714-3. doi: 10.1007/s11605-020-04714-3.Epub 2020-07-15.

膵頭十二指腸切除術患者における早期再入院と後期再入院。包括的なエピソディックコストを認識することで、バンドルされた支払い計画と病院の資源配分の指針となる

Early vs Late Readmissions in Pancreaticoduodenectomy Patients: Recognizing Comprehensive Episodic Cost to Help Guide Bundled Payment Plans and Hospital Resource Allocation.

  • Alexandra W Acher
  • James R Barrett
  • Patrick B Schwartz
  • Chris Stahl
  • Taylor Aiken
  • Sean Ronnekleiv-Kelly
  • Rebecca M Minter
  • Glen Leverson
  • Sharon Weber
  • Daniel E Abbott
PMID: 32671797 PMCID: PMC7363013. DOI: 10.1007/s11605-020-04714-3.

抄録

はじめに:

膵頭十二指腸摘術患者の再入院コストに関する先行研究では、推定コストデータを用いており、早期再入院と後期再入院の病因やコストの違いを明確にしていない。我々は膵十二指腸摘術患者における術後合併症の種類と再入院のタイミングおよび費用との関係を明らかにすることを目指した。

INTRODUCTION: Previous studies on readmission cost in pancreaticoduodenectomy patients use estimated cost data and do not delineate etiology or cost differences between early and late readmissions. We sought to identify relationships between postoperative complication type and readmission timing and cost in pancreaticoduodenectomy patients.

方法:

退院日から術後90日目までの病院コストデータを2008-2018年のNSQIPデータと統合した。早期再入院は手術後30日以内、遅期再入院は手術後30~90日以内とした。再入院に関する回帰分析では、患者の合併症、合併症、術者をコントロールした。

METHODS: Hospital cost data from date of discharge to postoperative day 90 were merged with 2008-2018 NSQIP data. Early readmission was within 30 days of surgery, and late readmission was 30 to 90 days from surgery. Regression analyses for readmission controlled for patient comorbidities, complications, and surgeon.

結果:

対象となった230人の患者のうち、58人(25%)が再入院した。早期再入院と後期再入院の平均費用はそれぞれ18,365±20,262ドル、24,965±34,435ドルであった。早期再入院は、インデックスステイ深部静脈血栓症(p<0.01)、胃の空っぽ化遅延(p<0.01)、グレードBの膵瘻(p<0.01)と関連していた。高額な早期再入院は長期入院や侵襲的な処置を行っていた。一般的な後期再入院の診断は、ドレナージを必要とするグレードBの膵瘻(n=5、14%)、増殖不全(n=4、14%)、手術を必要とする腸閉塞(n=3、11%)であった。高額な後期再入院は、再手術を必要とする慢性合併症と関連していた。

RESULTS: Of 230 patients included, 58 (25%) were readmitted. The mean early and late readmission costs were $18,365 ± $20,262 and $24,965 ± $34,435, respectively. Early readmission was associated with index stay deep vein thrombosis (p < 0.01), delayed gastric emptying (p < 0.01), and grade B pancreatic fistula (p < 0.01). High-cost early readmission had long hospital stays or invasive procedures. Common late readmission diagnoses were grade B pancreatic fistula requiring drainage (n = 5, 14%), failure to thrive (n = 4, 14%), and bowel obstruction requiring operation (n = 3, 11%). High-cost late readmissions were associated with chronic complications requiring reoperation.

結論:

膵十二指腸切除術後の早期再入院と遅発再入院は、病因と費用の両方で異なっていた。早期の再入院とコストは経皮的介入を必要とする一般的な合併症が原因であるのに対し、後期の再入院とコストは慢性的な合併症と再手術が原因である。晩期の再入院は頻繁に発生し、資源利用の重要な原因となっている。バンドルケアの支払い計画の交渉では、遅刻再入院の重要な資源利用を考慮すべきである。

CONCLUSION: Early and late readmissions following pancreaticoduodenectomy differ in both etiology and cost. Early readmission and cost are driven by common complications requiring percutaneous intervention while late readmission and cost are driven by chronic complications and reoperation. Late readmissions are frequent and a significant source of resource utilization. Negotiations of bundled care payment plans should account for significant late readmission resource utilization.