会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

変形性鎖骨関節症と肩の痛み:超音波検査の役割の見直し | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Ultrasound.2020 Jul;10.1007/s40477-020-00498-z. doi: 10.1007/s40477-020-00498-z.Epub 2020-07-15.

変形性鎖骨関節症と肩の痛み:超音波検査の役割の見直し

Acromioclavicular osteoarthritis and shoulder pain: a review of the role of ultrasonography.

  • Matteo Precerutti
  • Manuela Formica
  • Mara Bonardi
  • Caterina Peroni
  • Francesco Calciati
PMID: 32671655 DOI: 10.1007/s40477-020-00498-z.

抄録

変形性鎖骨関節症は肩の痛みの原因となることが多い。一方、画像診断では、特に高齢者ではこのような診断につながることが多く、臨床像との相関性が低いと考える著者もいる。しかし、このような状態が腱板インピンジメントの原因になることは広く認められている。肩の痛みの場合には、症候性の肩鎖骨変形性関節症と他の原因、特に腱板の病理学的なものを区別することが重要である。時には、臨床像では鑑別診断ができないこともあります。このような場合には、肩峰鎖関節や肩峰下嚢に局所麻酔薬を注入することが非常に有効です。超音波検査は変形性鎖骨関節症や腱板の病理を容易に検出することができ、痛みの原因を評価するための局所麻酔薬の関節注射や滑液包注射のガイドとして非常に効果的です。また、保存的治療においても、超音波検査はコルチコステロイドやヒアルロン酸の関節・腱板注射のガイドとなります。

Acromioclavicular joint osteoarthritis is often a cause of shoulder pain. On the other hand, imaging frequently leads to such a diagnosis, especially in elderly patients, and some authors believe it to have a poor correlation with the clinical picture. It is, however, widely accepted that such a condition can be the cause of rotator cuff impingement. In the case of shoulder pain, it is important to distinguish between symptomatic acromioclavicular osteoarthritis and other causes, especially rotator cuff pathology, which is more common. Sometimes, the clinical picture does not allow for differential diagnosis; in these cases, the injection of a local anesthetic into the acromioclavicular joint or into the subacromial bursa can be of great help. Ultrasonography can easily detect acromioclavicular osteoarthritis and rotator cuff pathology, and it is highly effective in guiding the articular or bursal injection of a local anesthetic to assess the origin of the pain. In addition, in conservative therapy, ultrasonography can guide the articular or bursal injection of corticosteroids and hyaluronic acid.