国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ロイシン-rich repeat-containing G-protein (Lgr5)の予後評価と大腸癌の臨床病理学的特徴への影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Cancer Res. Clin. Oncol..2020 Jul;10.1007/s00432-020-03314-7. doi: 10.1007/s00432-020-03314-7.Epub 2020-07-15.

ロイシン-rich repeat-containing G-protein (Lgr5)の予後評価と大腸癌の臨床病理学的特徴への影響

The prognostic value of leucine-rich repeat-containing G-protein (Lgr5) and its impact on clinicopathological features of colorectal cancer.

  • Arkadiusz Gzil
  • Izabela Zarębska
  • Damian Jaworski
  • Paulina Antosik
  • Justyna Durślewicz
  • Joanna Maciejewska
  • Ewa Domanowska
  • Natalia Skoczylas-Makowska
  • Navid Ahmadi
  • Dariusz Grzanka
  • Łukasz Szylberg
PMID: 32671503 DOI: 10.1007/s00432-020-03314-7.

抄録

序論:

大腸がん(CRC)は、世界で最も多く発生している悪性腫瘍の一つです。最近の研究では、がん幹細胞(CSC)がCRCにおける腫瘍細胞の悪性化に関与していることが示唆されています。本研究は、CSCマーカーの臨床的意義を明らかにすることを目的としている。CRCにおけるCD44、DCLK1、Lgr5、ANXA2の臨床的意義を明らかにすることを目的とした。

INTRODUCTION: Colorectal cancer (CRC) constitutes one of the most prevalent malignancies in the world. Recent research suggests that cancer stem cells (CSCs) are responsible for tumor cell's malignant behavior in CRC. This study has been designed to determinate clinical implications of CSC markers: CD44, DCLK1, Lgr5, and ANXA2 in CRC.

材料と方法:

この研究は、共同切除術を受けた89人の患者から採取した組織サンプルを対象に実施された。代表的な腫瘍領域を有するホルマリン固定パラフィン包埋組織ブロックを同定し、コード化した。免疫組織化学的染色は、抗CD44、抗LGR5、抗ANXA2、および抗DCLK1抗体を用いて行った。CRC細胞の免疫強度を決定するためにH-スコアシステムを利用した。

MATERIALS AND METHODS: The study was performed on tissue samples which were collected from 89 patients undergoing colectomy. Formalin-fixed paraffin-embedded tissue blocks with representative tumor areas were identified and corded. Immunohistochemical staining was performed using anti-CD44, anti-LGR5, anti-ANXA2, and anti-DCLK1 antibodies. The H-score system was utilized to determine the immunointensity of CRC cells.

結果:

Lgr5 の発現が低いほどリンパ節転移の有無と有意な相関があり(p=0.011)、Lgr5 の発現が高いほど血管浸潤の有無と統計的に有意であった(p=0.027)。さらに、Lgr5のHスコアが高い場合は、全生存率の低下と有意に関連していた(p=0.043)。

RESULTS: The lower expression of Lgr5 was significantly correlated with the presence of lymph-node metastases (p = 0.011), while high expression of Lgr5 was statistically significant in vascular invasion in examined cancer tissue samples (p = 0.027). Moreover, a high H-score value of Lgr5 expression was significantly related to a reduced overall survival rate (p = 0.043).

結論:

我々の結果は、CSCマーカーLgr5と血管浸潤、リンパ節転移の有無、全生存率の低下との間に強い関係があることを示唆している。Lgr5の存在は予後不良因子である可能性があり、がん組織内でのLgr5の高値は侵襲的な経過と関連している。また、このマーカーは治療の有効性を調べるためにも利用される可能性があります。

CONCLUSION: Our results suggest a strong relationship between CSC marker Lgr5 and vascular invasion, presence of lymph-node metastasis, and overall poor survival. The presence of Lgr5 might be an unfavorable prognostic factor, and its high level in cancer tissue is related to an aggressive course. This marker could also be used to access the effectiveness of the treatment.