会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

急性有機リン中毒における血清アミラーゼ、血清リパーゼ、血漿コリンエステラーゼの相関と予後の重要性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Family Med Prim Care.2020 Apr;9(4):1873-1877. JFMPC-9-1873. doi: 10.4103/jfmpc.jfmpc_205_20.Epub 2020-04-30.

急性有機リン中毒における血清アミラーゼ、血清リパーゼ、血漿コリンエステラーゼの相関と予後の重要性

Correlation and prognostic significance of serum amylase, serum lipase, and plasma cholinesterase in acute organophosphorus poisoning.

  • Ajit Dungdung
  • Abhinav Kumar
  • Bindey Kumar
  • Mukul Preetam
  • Ruth K Tara
  • Md K Saba
PMID: 32670933 PMCID: PMC7346941. DOI: 10.4103/jfmpc.jfmpc_205_20.

抄録

背景:

有機リン(OP)は、もともとアルコールとリン酸が反応して生成される物質です。これらのOP化合物は除草剤、殺虫剤、殺虫剤の主成分です。インドのような発展途上国では、これらの化学物質は容易に入手可能であるが、これらの化学物質に対する認識が不足しているため、高い罹患率と死亡率をもたらしている。

Background: Organophosphorus (OP) are substances that are originally produced by the reaction of alcohols and phosphoric acid. These OP compounds are the main components of herbicides, pesticides, and insecticides. These are easily available in developing country like India; there is lack of awareness about these chemicals which results in high morbidity and mortality.

研究の目的:

急性OP中毒におけるアミラーゼ、リパーゼ、血漿コリンエステラーゼのレベルを推定する。血漿コリンエステラーゼレベルを用いて、他の2つのマーカーと相関させることにより、OP中毒の重症度を評価する。これらの生化学的マーカーを用いて急性OP中毒の重症度を予測する。

Aims and Objectives: To estimate levels of amylase, lipase, plasma cholinesterase in acute OP poisoning. To assess severity of OP poisoning by using plasma cholinesterase levels and correlating it with other two markers. Predicting the severity of acute OP poisoning by using these biochemical markers.

材料と方法:

急性OP中毒と臨床的に診断された100名の被験者を対象に、病院での観察研究を実施した。全年齢層の男女いずれかの被験者を対象とした。入院時に血漿コリンエステラーゼ、血清アミラーゼ、血清リパーゼを測定した。入院時の血漿中コリンエステラーゼ活性に基づいて、被験者を3つのグループに分けた。血漿中コリンエステラーゼ活性が20~50%のI群、血漿中コリンエステラーゼ活性が10~20%のII群、血漿中コリンエステラーゼ活性が10%未満のIII群に分けた。

Materials and Methods: A hospital-based observational study was conducted on 100 subjects who were clinically diagnosed of acute OP poisoning. Subjects of either gender of all age-groups were included in the study. On admission, plasma cholinesterase, serum amylase, and serum lipase were measured. Based on plasma cholinesterase activity at the time of admission, subjects were divided into three groups. Group I-having 20-50% of plasma cholinesterase activity; Group II-10-20% of plasma cholinesterase activity; and Group III <10% of plasma cholinesterase activity.

結果:

100人の患者のうち、血清アミラーゼと血清リパーゼは血漿中コリンエステラーゼレベルと負の相関があり、統計的に有意であった。血清アミラーゼは中毒の重症度を評価する上で最も高い診断精度を有しており、10人の死亡者のうち6人は血漿中コリンエステラーゼ活性が10%未満であり、10人中8人はアミラーゼ値が上昇していた。

Results: Among 100 patients it was seen that serum amylase and serum lipase were negatively correlated with plasma cholinesterase levels and it was statistically significant. It was seen that serum amylase had the highest diagnostic accuracy for assessing severity of poisoning, 10 deaths were there in which 6 had <10% of plasma cholinesterase activity, 8 out of these 10 patients had elevated amylase level.

結論:

OP中毒はアミラーゼレベルの上昇と関連しています。血清アミラーゼ、リパーゼは、血漿コリンエステラーゼレベルとともに、追加の予後指標として使用することができます。血清アミラーゼは、リパーゼよりも重症度のより良い予測因子と考えられます。

Conclusion: OP poisoning is associated with elevated amylase level. Serum amylase, lipase can be used as an additional prognostic indicator along with plasma cholinesterase levels. Serum amylase could be considered as a better predictor of severity than lipase.

Copyright: © 2020 Journal of Family Medicine and Primary Care.