国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ニンヒドリン化学を用いたRNA誘導核酸切断の操作 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Adv Sci (Weinh).2020 Jul;7(13):1903770. ADVS1734. doi: 10.1002/advs.201903770.Epub 2020-05-26.

ニンヒドリン化学を用いたRNA誘導核酸切断の操作

The Manipulation of RNA-Guided Nucleic Acid Cleavage with Ninhydrin Chemistry.

  • Shao-Ru Wang
  • Hai-Yan Huang
  • Jian Liu
  • Lai Wei
  • Ling-Yu Wu
  • Wei Xiong
  • Ping Yin
  • Tian Tian
  • Xiang Zhou
PMID: 32670753 PMCID: PMC7341091. DOI: 10.1002/advs.201903770.

抄録

CRISPR(clusteredregular interspaced short palindromic repeats)システムは、貴重なゲノム編集ツールとして確立されています。CRISPRシステムを制御することは生物学的にも重要な意味を持ち、この分野は大きな関心を集めています。タンパク質工学を必要としないシンプルなアプローチが求められている。CRISPRシステムは通常、ヌクレアーゼ複合体をリクルートし、指示するためのガイドRNA(gRNA)部位を必要とする。この点で、ニンヒドリン(1,2,3,3-インダントリオン一水和物)は、gRNAを修飾するためのかなりの可能性を秘めているように思われるが、まだ開拓されていない。本研究では、gRNA分子の可逆的な合成後修飾のために、ニンヒドリンの化学的性質を調べた。さらに、ニンヒドリン化学が2つの重要なCRISPRシステムの修飾に有効であることを示した。このように、ニンヒドリン化学は将来の化学生物学研究への応用の可能性を示している。

CRISPR (clustered regularly interspaced short palindromic repeats) systems have been established as valuable genome-editing tools. Controlling CRISPR systems has high biological significance and this field has garnered intense interest. There is a considerable need for simple approaches with no need for protein engineering. The CRISPR systems usually require a guide RNA (gRNA) moiety to recruit and direct the nuclease complexes. In this respect, the ninhydrin (1,2,3-indantrione monohydrate) seems to have considerable potential, as yet unexploited, for modifying gRNA. In this study, ninhydrin chemistry is explored for reversible postsynthetic modification of gRNA molecules. It is further shown that ninhydrin chemistry is efficient in modulating two important CRISPR systems. Thus, ninhydrin chemistry exhibits potential applications in future chemical biology studies.

© 2020 The Authors. Published by WILEY‐VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim.