国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

潜在的な治療薬として特異的な新規広宿主範囲バクテリオファージDLP3の特性評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Front Microbiol.2020;11:1358. doi: 10.3389/fmicb.2020.01358.Epub 2020-06-24.

潜在的な治療薬として特異的な新規広宿主範囲バクテリオファージDLP3の特性評価

Characterization of Novel Broad-Host-Range Bacteriophage DLP3 Specific to as a Potential Therapeutic Agent.

  • Danielle L Peters
  • Jaclyn G McCutcheon
  • Jonathan J Dennis
PMID: 32670234 PMCID: PMC7326821. DOI: 10.3389/fmicb.2020.01358.

抄録

細菌種に特異的な新規ファージが原始的な土壌サンプルから分離され、新たに確立された細菌属の第二のメンバーとして特徴付けられた。ファージDLP3は、これまでに特徴づけられたファージの中で最も広い宿主範囲を持ち、29株中22株に感染した。DLP3 のゲノムサイズは 96,852 bp で、G+C 含有率は 58.4% で、これは宿主株 D1571(G+C 含有率 66.9%)よりもかなり低い値です。DLP3ゲノムは、特異性の異なる5つのtRNA遺伝子を含むゲノムの95%をカバーする153のコード化ドメイン配列をコードしている。DLP3ライソゲンは、野生型株と比較して、指数関数的な成長段階での成長速度の増加を示す。また、DLP3は機能的なエリスロマイシン耐性タンパク質をコードしており、宿主D1571株のライソゲン転換を引き起こしている。温帯性ファージではありますが、DLP3 は幅広い宿主範囲を示し、IV 型ピルスを介して宿主細胞に感染し、溶解活性を示すため、優れた治療の可能性を示しています。そのような温帯性のライフサイクルなどの望ましくない形質は、細菌感染症の治療に有用な修飾ファージを生成するために遺伝子技術を使用して排除することができます。

A novel phage specific to the bacterial species was isolated from a pristine soil sample and characterized as a second member of the newly established genus. Phage DLP3 possesses one of the broadest host ranges of any phage yet characterized, infecting 22 of 29 strains. DLP3 has a genome size of 96,852 bp and a G+C content of 58.4%, which is significantly lower than host strain D1571 (G+C content of 66.9%). The DLP3 genome encodes 153 coding domain sequences covering 95% of the genome, including five tRNA genes with different specificities. The DLP3 lysogen exhibits a growth rate increase during the exponential phase of growth as compared to the wild type strain. DLP3 also encodes a functional erythromycin resistance protein, causing lysogenic conversion of the host D1571 strain. Although a temperate phage, DLP3 demonstrates excellent therapeutic potential because it exhibits a broad host range, infects host cells through the type IV pilus, and exhibits lytic activity . Undesirable traits, such as its temperate lifecycle, can be eliminated using genetic techniques to produce a modified phage useful in the treatment of bacterial infections.

Copyright © 2020 Peters, McCutcheon and Dennis.