会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

パーキンソン病のリスクに対する血清脂質レベルの上昇の効果。システマティックレビューとメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Front Neurol.2020;11:597. doi: 10.3389/fneur.2020.00597.Epub 2020-06-26.

パーキンソン病のリスクに対する血清脂質レベルの上昇の効果。システマティックレビューとメタアナリシス

Effects of Higher Serum Lipid Levels on the Risk of Parkinson's Disease: A Systematic Review and Meta-Analysis.

  • Zheng Jiang
  • Xinran Xu
  • Xiaojing Gu
  • Ruwei Ou
  • Xiaoyue Luo
  • Huifang Shang
  • Wei Song
PMID: 32670190 PMCID: PMC7332704. DOI: 10.3389/fneur.2020.00597.

抄録

血清脂質値とパーキンソン病(PD)のリスクとの因果関係は、依然として大部分が不確かなままである。我々は、このトピックに関する既存の論争の的となっている証拠をまとめた。 1988年1月から2020年3月までの観察研究を電子データベースで検索した。ランダム効果モデルを適用し、プールされた相対リスク(RR)とその95%信頼区間(CI)を算出した。さらにランダム効果用量反応メタアナリシスを実施し、用量リスクの関係を検討した。 このメタアナリシスには、12件のコホート研究と3件のケースコントロール研究が含まれた。血清低密度リポ蛋白コレステロール(LDL-C)の高値はPDのリスクと逆相関していた(RR 0.73、95%CI 0.57-0.93)が、血清総コレステロール(TC)の高値との相関はなかった(RR 0.91、95%CI 0.73-0.93、95%CI 0.73-0.91、95%CI 0.73-0.93)。91、95%CI 0.73-1.13)、高密度リポ蛋白コレステロール(HDL-C)(RR 0.97、95%CI 0.73-1.27)、トリグリセリド(TG)(RR 0.85、95%CI 0.55-1.29)とPDのリスクとの関連は認められなかった。さらに用量反応メタ解析を行ったところ、血清LDL-Cが38.6mg/dL(1mmol/L)増加するごとにPDのリスクが7%減少することが明らかになった。 我々の論文は、血清LDL-Cの上昇がその後のPDのリスクに及ぼす保護効果を支持するものである。この結論を確認するためには、より多くの前向きコホート研究が必要であり、基礎となる生物学的メカニズムを解明するためには、さらなる基礎研究が必要である。

The causal relationship between serum lipid levels and the risk of Parkinson's disease (PD) remains largely uncertain. We summarized the existing controversial evidence on this topic. We searched the electronic databases for observational studies from January 1988 to March 2020. We applied random-effects models to calculate pooled relative risk (RR) with their 95% confidence intervals (CI). Random-effects dose-response meta-analyses were further conducted to explore the dose-risk relationship. Twelve cohort studies and three case-control studies were included in this meta-analysis. Higher levels of serum low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C) were inversely associated with the subsequent risk of PD (RR 0.73, 95% CI 0.57-0.93), whereas, there were no associations between serum levels of total cholesterol (TC) (RR 0.91, 95% CI 0.73-1.13), high-density lipoprotein cholesterol (HDL-C) (RR 0.97, 95% CI 0.73-1.27), or triglycerides (TG) (RR 0.85, 95% CI 0.55-1.29) and the risk of PD. Further dose-response meta-analysis revealed that every 38.6 mg/dL (1mmol/L) increase in serum LDL-C correlates with a 7% decreased risk of PD. Our paper supports the protective effect of higher serum LDL-C on the subsequent risk of PD. More prospective cohort studies are warranted to confirm the conclusion, and further fundamental researches are needed to elucidate the underlying biological mechanisms.

Copyright © 2020 Jiang, Xu, Gu, Ou, Luo, Shang and Song.