会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

感情と見通しを伝えることで、集団的リスクに対する不作為が逆転する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A..2020 Jul;201922345. doi: 10.1073/pnas.1922345117.Epub 2020-07-15.

感情と見通しを伝えることで、集団的リスクに対する不作為が逆転する

Communicating sentiment and outlook reverses inaction against collective risks.

  • Zhen Wang
  • Marko Jusup
  • Hao Guo
  • Lei Shi
  • Sunčana Geček
  • Madhur Anand
  • Matjaž Perc
  • Chris T Bauch
  • Jürgen Kurths
  • Stefano Boccaletti
  • Hans Joachim Schellnhuber
PMID: 32669434 DOI: 10.1073/pnas.1922345117.

抄録

集団的なリスクが社会に浸透し、共通の目標に向かって働くことが利己的な利益によって妨げられる社会的ジレンマを引き起こしている。その一つが、暴走する気候変動の緩和である。気候変動緩和の社会的側面を研究するために、私たちは実験的なゲームを企画し、3つの異なる規模のボランティアグループに共通の緩和目標に向けて投資をしてもらいました。投資が事前に設定された目標に達した場合、ボランティアはすべての結果を回避し、残りの資本を金銭的な支払いに変えることができます。しかし、逆の場合は、50%の確率ですべての資本を失うことになる。そのため、自分の資本を投資するか、他の人が入ってくるのを待つか、というジレンマが生じたのです。このジレンマを解消するためには、感情や見通しを伝えることで、投資パターンが根本的に変化することが必要であることがわかった。コミュニケーションが認められたグループでは、現在の投資赤字が多額であっても、継続的に投資を行い、あきらめることはほとんどありませんでした。改良された投資パターンはグループの規模に影響されないが、大規模なグループは調整が難しく、全体的に成功頻度が低いことが証明されている。クラスタリング・アルゴリズムを用いて3つの行動タイプを明らかにし、コミュニケーションをとることで自由行動タイプの豊富さが減少することを示した。しかし、気候変動の緩和は、主に協力者型と利他主義者型が、失敗が近づくにつれて貢献度を高めていくことで達成される。一方、フリーライダーの貢献度はゲーム全体を通して横ばいである。このことから、集団的リスクを回避するメカニズムは、行動タイプ、コミュニケーション、タイミングの相互作用に依存していることが明らかになった。

Collective risks permeate society, triggering social dilemmas in which working toward a common goal is impeded by selfish interests. One such dilemma is mitigating runaway climate change. To study the social aspects of climate-change mitigation, we organized an experimental game and asked volunteer groups of three different sizes to invest toward a common mitigation goal. If investments reached a preset target, volunteers would avoid all consequences and convert their remaining capital into monetary payouts. In the opposite case, however, volunteers would lose all their capital with 50% probability. The dilemma was, therefore, whether to invest one's own capital or wait for others to step in. We find that communicating sentiment and outlook helps to resolve the dilemma by a fundamental shift in investment patterns. Groups in which communication is allowed invest persistently and hardly ever give up, even when their current investment deficits are substantial. The improved investment patterns are robust to group size, although larger groups are harder to coordinate, as evidenced by their overall lower success frequencies. A clustering algorithm reveals three behavioral types and shows that communication reduces the abundance of the free-riding type. Climate-change mitigation, however, is achieved mainly by cooperator and altruist types stepping up and increasing contributions as the failure looms. Meanwhile, contributions from free riders remain flat throughout the game. This reveals that the mechanisms behind avoiding collective risks depend on an interaction between behavioral type, communication, and timing.

Copyright © 2020 the Author(s). Published by PNAS.