国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

股関節骨折による半人工関節置換術を受けた高齢者の死亡率を予測する可能性がある | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Invest Surg.2020 Jul;:1-6. doi: 10.1080/08941939.2020.1793038.Epub 2020-07-16.

股関節骨折による半人工関節置換術を受けた高齢者の死亡率を予測する可能性がある

C-Reactive Protein to Albumin Ratio May Predict Mortality for Elderly Population Who Undergo Hemiarthroplasty Due to Hip Fracture.

  • Sercan Capkin
  • Serkan Guler
  • Ramadan Ozmanevra
PMID: 32668996 DOI: 10.1080/08941939.2020.1793038.

抄録

背景:

股関節骨折で手術を受けた高齢者の術前のC反応性蛋白(CRP)とアルブミン値と死亡率との関係はこれまでにも調査されているが,CRP/アルブミン比(CAR)については調査されていない。本研究では、術前のCARと死亡率との関係を検討することを目的とした。

BACKGROUND: Although the relationship of preoperative C-reactive protein (CRP) and albumin levels to mortality in elderly patients who have undergone surgery due to hip fracture has been previously investigated, the CRP to albumin ratio (CAR) has not been investigated. This study aimed to investigate the relationship between preoperative CAR and mortality.

方法:

合計 254 例(平均年齢 78.74 歳)の患者を対象に,年齢,性別,骨折の種類,米国麻酔科学会(ASA)スコア,麻酔の種類,骨折から手術までの時間,骨折から退院までの時間,入院期間,既往症,術前の CRP とアルブミン値,死亡率のデータを用いてレトロスペクティブに解析した.血清CRP値を血清アルブミン値で割って術前CARを算出した。多変量ロジスティック回帰法を用いて、危険因子と1年死亡率との関連を評価した。

METHODS: A total of 254 patients (mean age, 78.74 years) were retrospectively analyzed using the following data: age, gender, fracture type, American Society of Anesthesiologists (ASA) score, type of anesthesia, time between fracture and surgery, time between fracture and discharge, length of hospital stay, preexisting comorbidities, preoperative CRP and albumin levels, and mortality. The serum CRP level was divided by the serum albumin level to calculate the preoperative CAR. Multivariate logistic regression was used to evaluate the association between risk factors and 1-year mortality.

結果:

1年死亡率は22.8%(58人)であった。一変量解析では、年齢が85歳以上、男性の性別、ASAスコアが3以上、3以上の合併症の存在、およびCARが2.49以上であることが死亡リスク因子として同定された。1年死亡率の主要予測因子を決定するために、以下の因子を2値ロジスティック回帰分析に含めた。ASAスコアが3以上、3以上の合併症の存在、およびCARが2.49以上であった。

RESULTS: One-year mortality was 22.8% (58 patients). Age >85 years, male gender, ASA score ≥3, presence of ≥3 comorbidities, and CAR ≥2.49 were identified as mortality risk factors in the univariate analysis. The following factors were included in the binary logistic regression analysis to determine the major predictors of 1-year mortality: ASA score ≥3, presence of ≥3 comorbidities, and CAR ≥2.49.

結論:

2.49以上のCARの検出は、高齢者集団の股関節骨折で手術を受けた患者の1年死亡率の強力な指標である。また、ASAスコア3以上、および3以上の併存疾患の存在も死亡率に関連していた。

CONCLUSION: Detection of CAR above 2.49 is a strong indicator for 1-year mortality in patients operated due to hip fracture in the elderly population. ASA score ≥3 and presence of ≥3 comorbid diseases were also related to mortality.