会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

有機リン酸塩農薬曝露と乳がんリスク:ヒト、動物、および細胞ベースの研究の迅速なレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Environ Res Public Health.2020 Jul;17(14). E5030. doi: 10.3390/ijerph17145030.Epub 2020-07-13.

有機リン酸塩農薬曝露と乳がんリスク:ヒト、動物、および細胞ベースの研究の迅速なレビュー

Organophosphate Pesticide Exposure and Breast Cancer Risk: A Rapid Review of Human, Animal, and Cell-Based Studies.

  • Kailynn June Yang
  • Jennifer Lee
  • Hannah Lui Park
PMID: 32668751 DOI: 10.3390/ijerph17145030.

抄録

背景:

有機リン酸塩系殺虫剤(OP)は米国で最も一般的に使用されている殺虫剤のクラスの一つであり、OPの代謝物は米国の75%以上の人の尿から検出されている。

BACKGROUND: Organophosphate pesticides (OPs) are one of the most commonly used classes of insecticides in the U.S., and metabolites of OPs have been detected in the urine of >75% of the U.S.

人口:

OP曝露が神経疾患や一部の癌のリスクと関連していることは研究で示されているが、OP曝露と乳癌リスクとの関係はよくわかっていない。

POPULATION: While studies have shown that OP exposure is associated with risk of neurological diseases and some cancers, the relationship between OP exposure and breast cancer risk is not well understood.

方法:

この迅速レビューの目的は、疫学的研究と実験室研究の両方を含め、OPs曝露と乳がんリスクとの関係について公表された文献を体系的に評価することであった。Pubmed, EMBASE, Cochraneデータベースで検索し、27のフルテキスト論文をレビューした。

METHODS: The aim of this rapid review was to systematically evaluate published literature on the relationship between OP exposure and breast cancer risk, including both epidemiologic and laboratory studies. Twenty-seven full-text articles were reviewed by searching on Pubmed, EMBASE, and Cochrane databases.

結果:

いくつかのヒトを対象とした研究では、マラチオン、テルブフォス、クロルピリホスがヒトの乳がんリスクと正の関連性を示し、いくつかの実験室研究では、マラチオンとクロルピリホスがエストロゲンの可能性やその他のがんを促進する特性を有することが示された。しかし、ヒトを対象とした研究は数が限られており、ほとんどが米国内のいくつかの地理的地域の農業環境を対象としており、累積曝露には対処していなかった。

RESULTS: Some human studies showed that malathion, terbufos, and chlorpyrifos were positively associated with human breast cancer risk, and some laboratory studies demonstrated that malathion and chlorpyrifos have estrogenic potential and other cancer-promoting properties. However, the human studies were limited in number, mostly included agricultural settings in several geographical areas in the U.S., and did not address cumulative exposure.

結論:

ヒトと実験室での両方の研究で得られた結果が混在していることを考えると、OP曝露と乳がんリスクとの関係を、特に非農業環境下のヒトでさらに調べるためには、さらなる研究が必要である。

CONCLUSIONS: Given the mixed results found in both human and laboratory studies, more research is needed to further examine the relationship between OP exposure and breast cancer risk, especially in humans in non-agricultural settings.