会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

大気環境汚染と男性の繁殖力.中国のヒト精子バンクの縦断的データのレトロスペクティブ分析(2013年~2018年) | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Environ. Res..2020 Jul;186:109528. S0013-9351(20)30421-7. doi: 10.1016/j.envres.2020.109528.Epub 2020-04-15.

大気環境汚染と男性の繁殖力.中国のヒト精子バンクの縦断的データのレトロスペクティブ分析(2013年~2018年)

Ambient air pollution and male fecundity: A retrospective analysis of longitudinal data from a Chinese human sperm bank (2013-2018).

  • Yang Qiu
  • Tingting Yang
  • Barnabas C Seyler
  • Xiuli Wang
  • Yuan Wang
  • Min Jiang
  • Bo Liu
  • Fuping Li
PMID: 32668535 DOI: 10.1016/j.envres.2020.109528.

抄録

環境大気汚染は、人間の健康と生殖に悪影響を及ぼす。多くの研究で、環境大気汚染とヒトの繁殖力との間に有意な関連性が示唆されているが、ほとんどの研究では、単一精液サンプルを用いた一般男性集団の横断的データに焦点が当てられている。我々は中国で、反復精液サンプルの縦断分析を用いたレトロスペクティブ研究を実施し、異なる曝露期間(現在の日、90日前)における環境曝露パラメータ(PM、PM、SO、NO、CO、地温、相対湿度など)と精子の質パラメータ(精液量、精子濃度、前方運動濃度、進行速度の割合など)との関連を調査した。2013年から2018年の間に四川省精子バンクで収集した男性686名、精液サンプル4841名のデータを混合効果モデル分析に含めた。研究集団は若く、健康で、高学歴であった。その結果、PM、PM、COの90日平均濃度は精子濃度と前方運動濃度と負の関連があったのに対し、Oの90日平均濃度は前方運動濃度と正の関連があった。被験者間のばらつきがモデル全体のばらつきに支配的な役割を果たしていた。これらの結果は、粒子状物質とCOへの慢性的な曝露が精子形成を阻害する可能性を示唆している。

Ambient air pollution has adverse effects on human health and reproduction. A number of studies have suggested a significant association between ambient air pollution and human fecundity, with most studies focusing on cross-sectional data from the general male population with single semen samples. We conducted a retrospective study in China using longitudinal analysis of repeated semen samples to investigate the association between environmental exposure parameters (e.g., PM, PM, SO, NO, CO, ground temperature, and relative humidity) and sperm quality parameters (e.g., semen volume, sperm concentration, forward motility concentration, and percentage of progressive rate) during different exposure windows (current day, 90-day preceding). Data from 686 males and 4841 semen samples collected between 2013 and 2018 at Sichuan Provincial Sperm Bank were included in a mixed-effects model analysis. The study population was young, healthy, and well-educated. The results indicate that 90-day average concentrations of PM, PM and CO were negatively associated with sperm concentration and forward motility concentration, whereas 90-day average concentration of O was positively associated with forward motility concentration. Between-subject variability played the dominant role in overall model variance. Our results suggest that chronic exposure to particulate matter and CO may interfere with spermatogenesis.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.