国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

腹腔鏡下胆嚢摘出術時の胆管損傷を予防するための実用的な新戦略。5539例の単施設での経験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Acta Cir Bras.2020;35(6):e202000607. S0102-86502020000600801. doi: 10.1590/s0102-865020200060000007.Epub 2020-07-08.

腹腔鏡下胆嚢摘出術時の胆管損傷を予防するための実用的な新戦略。5539例の単施設での経験

A practical new strategy to prevent bile duct injury during laparoscopic cholecystectomy. A single-center experience with 5539 cases.

  • Peizhong Shang
  • Bing Liu
  • Xiaowu Li
  • Jianjun Miao
  • Ruichang Lv
  • Weilin Guo
PMID: 32667588 DOI: 10.1590/s0102-865020200060000007.

抄録

目的 胆管損傷(BDI)は胆嚢摘出術の致命的な合併症であり、嚢胞解剖学の誤認識が主な原因と考えられている。BDIを予防するための手技はいくつか開発されているが、腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)では開腹手術よりも高い率が維持されている。ここでは、腹腔鏡下胆管損傷を防ぐための実用的な新しい胆管同定法を提案する。方法 2007 年 3 月から 2019 年 2 月までに単一施設で LC を受けた患者 5539 例を対象にレトロスペクティブ研究を行った。胆嚢 infundibulumは、胆嚢頸部を文字盤の中心点とした架空時計上に位置する位置、3時の位置を頭蓋骨、6時の位置を背側、9時の位置を尾側、12時の位置を腹側とし、軸方向の位置によって分類した。患者の人口統計学、病理学的変数およびinfundibulumの分類を評価した。本研究では、胆嚢の腹膜の位置に基づく管路同定の詳細な解析を行った。全ての胆嚢嚢の位置は術中の腹腔鏡ビデオまたは写真画像で記録された。結果 研究期間中、全患者が正常にLC手術を受けた。胆道損傷などの転位や重篤な合併症は発生しなかった。3時の位置、6時の位置、9時の位置、12時の位置、軸方向の位置にある胆嚢は、それぞれ12.3%、23.4%、28.0%、4.2%、32.1%であった。3時位置、12時位置は胆道損傷を引き起こす可能性のある落とし穴であった。結論 ナビゲーターとしての胆嚢内膜は、BDIの低減とLCの安全性向上のための管路同定に有用である。

Purpose Bile duct injury (BDI) is a catastrophic complication of cholecystectomy, and misidentification of the cystic anatomy is considered to be the main cause. Although several techniques have been developed to prevent BDI, such as the "critical view of safety", the infundibular technique, the rates remain higher during laparoscopic cholecystectomy (LC) than during open surgery. We, here, propose a practical new strategy for ductal identification, that can help to prevent laparoscopic bile duct injury. Methods A retrospective study of 5539 patients who underwent LC from March 2007 to February 2019 at a single institution was conducted. The gallbladder infundibulum was classified by its position located on an imaginary clock with the gallbladder neck as the center point of the dial, 3-o'clock position as cranial, 6-o'clock as dorsal, 9-o'clock as caudal, and 12-o'clock as ventral, as well as the axial position. Patient demographics, pathologic variables and infundibulum classification were evaluated. Detailed analysis of ductal identification based on gallbladder infundibulum position was performed in this study. All infundibulum positions were recorded by intraoperative laparoscopic video or photographic images. Results All the patients successfully underwent LC during the study period. No conversion or serious complications such as biliary injury occurred. Gallbladders with infundibulum of 3-o'clock position, 6-o'clock position, 9-o'clock position, 12-o'clock position, axial position were 12.3%, 23.4%, 28.0%, 4.2%, and 32.1%, respectively. The 3-o'clock and 12-o'clock position were pitfalls that might cause biliary injury. Conclusion The gallbladder infundibulum as a navigator is useful for ductal identification to reduce BDI and improve the safety of LC.