国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

間接修復材の表面劣化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Braz Dent J.2020 Jun;31(3):264-271. S0103-64402020000300264. doi: 10.1590/0103-6440202002982.Epub 2020-07-13.

間接修復材の表面劣化

Surface Deterioration of Indirect Restorative Materials.

  • Amanda Mahammad Mushashe
  • Isabelli Carolini Farias
  • Carla Castiglia Gonzaga
  • Leonardo Fernandes da Cunha
  • Jack Libório Ferracane
  • Gisele Maria Correr
PMID: 32667515 DOI: 10.1590/0103-6440202002982.

抄録

本研究の目的は、2つのレジンセメントとハイブリッドセラミックシステムの表面特性に及ぼすin vitroおよびin situ生分解の影響を評価することであった。各材料(Maxcem Elite,NX3 Nexus,Vita Enamic)の試験片(4×1.5mm)を180個作成し,材料と生分解方法に応じて12群(n=15)に無作為に分散させた。次いで、検体は、蒸留水37 ºCで24時間または7日間保存、37 ºCで7日間保存、刺激唾液中またはin situのいずれかのチャレンジに供された。その場での段階は、7日間使用された15個の口蓋内デバイスの準備に対応していました。各デバイスは、各材料のサンプルが収容された3つのニッチを提示した。唾液とin situの両方のグループからの標本は、20%のスクロースの溶液の適用に対応して、1日を通して10回のカリオジェニックチャレンジを受けた。各生分解法の後、表面粗さ(Ra)、ビッカース硬度(VHN)および走査型電子顕微鏡(SEM)分析を行った。収集したデータは、Levene検定、双方向ANOVA、Tukey`s検定(α=5%)で評価した。その結果、in situでの挑戦は、材料にかかわらず、より大きな生分解を促進することがわかった。材料については、Vita Enamic VHN はすべての生分解方法で負の影響を受け、Nexus NX3 は試験した自己接着性セメントよりも優れた性能を示した。以上のことから、本研究の条件の範囲内では、生分解は間接修復材の表面特性に悪影響を及ぼす可能性があると結論づけられた。

The objective of this work was to evaluate the effects of in vitro and in situ biodegradation on the surface characteristics of two resin cements and a hybrid ceramic system. One hundred and eighty specimens (4X1.5mm) of each material (Maxcem Elite, NX3 Nexus and Vita Enamic) were made and randomly distributed in twelve groups (n=15) according to the material and biodegradation method. The specimens were then submitted to the following challenges: storage in distilled water 37 ºC for 24 h or 7 days, storage for 7 days, at 37 ºC, in stimulated saliva or in situ. The in situ stage corresponded to the preparation of 15 intraoral palatal devices, used for 7 days. Each device presented 3 niches, where a sample of each materials was accommodated. Specimens from both saliva and in situ groups suffered a cariogenic challenge, corresponding to the application of a solution of 20% of sucrose, 10 times throughout each day. After each biodegradation method, the surface roughness (Ra), Vickers hardness (VHN) and scanning electron microscopy (SEM) analyzes were performed. The data collected were evaluated by Levene test, two-way ANOVA and Tukey`s test (α=5%). The in situ challenge promoted the greater biodegradation, regardless of the material. Regarding the materials, the Vita Enamic VHN was negatively affected by all biodegradation methods and the Nexus NX3 presented better performance than the self-adhesive cement tested. Therefore, within the conditions of this work, it was concluded that in situ biodegradation can affect negatively the surface characteristics of indirect restorative materials.