会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

集中治療室での右内頸静脈への透析カテーテルと輸液カテーテルの同時留置。安全か? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Vasc Access.2020 Jul;:1129729820938209. doi: 10.1177/1129729820938209.Epub 2020-07-15.

集中治療室での右内頸静脈への透析カテーテルと輸液カテーテルの同時留置。安全か?

Concomitant placement of dialysis and infusion catheters in the right internal jugular vein in the intensive care setting: Is it safe?

  • Blake Spitzer
  • Kevin Kirkland
  • Jared Reyes
  • Stephen D Helmer
  • Chad Ammar
  • Chivukula Subbarao
PMID: 32667243 DOI: 10.1177/1129729820938209.

抄録

目的:

本研究では,中心静脈透析カテーテルと輸液用中心静脈カテーテルの両方を右内頸静脈に留置した場合の安全性と有効性を,中心静脈透析カテーテルのみを留置した場合と比較して検討した.

PURPOSE: This study examined the safety and efficacy of placing both a central venous dialysis catheter and a central venous catheter for infusion in the right internal jugular vein compared to only a central venous dialysis catheter.

方法:

一人の外科医によって右内頸静脈透析カテーテル留置術を受けたすべての成人患者を対象に、レトロスペクティブなカルテレビューを実施した。患者は、トンネル型デュアルルーメン透析カテーテルを単独で留置したか、右内頸静脈中心静脈注入カテーテルを併用して留置したかによってグループ分けされた。カテーテル関連血栓症、ライン感染症、ラインの誤作動、気胸、ライン交換の必要性を評価した。

METHODS: We conducted a retrospective chart review for all adult patients who underwent the placement of the right internal jugular dialysis catheter by a single surgeon. Patients were grouped based on whether they received a tunneled dual lumen dialysis catheter alone or in combination with a central venous infusion catheter in the right internal jugular vein. Catheter-related thrombosis, line infections, line malfunctions, pneumothorax, and need for line replacement were evaluated.

結果:

透析カテーテル・中心静脈輸液ライン群は97名、透析カテーテルのみ群は63名であった。年齢(62.1±16.3歳 vs 57.9±17.6歳)と性別(47.4%男性 vs 55.6%男性)については、両群間に差はなかった。透析カテーテルと同時に中心静脈輸液カテーテルを留置した患者と留置していない患者では、それぞれ血栓症(1.0% vs 0.0%, >0.999)、ライン感染(2.1% vs 0.0%, =0.519)、ライン誤作動(2.1% vs 0.0%, =0.516)の発生率に有意差は認められなかった。いずれの群でも気胸を発症した患者はいなかった。

RESULTS: There were 97 patients in the dialysis catheter and central venous infusion line group and 63 patients in the dialysis catheter only group. The two groups were not different with regard to age (62.1 ± 16.3 years vs 57.9 ± 17.6 years) and gender (47.4% male vs 55.6% male). No significant differences were found in the incidence of thrombosis (1.0 % vs 0.0%,  > 0.999), line infection (2.1% vs 0.0%,  = 0.519), or line malfunctions (2.1% vs 0.0%,  = 0.516) in patients who did or did not have a central venous infusion catheter placed concomitantly with the dialysis catheter, respectively. No patients in either group had a pneumothorax.

結論:

現在のところ頻度は高くないが、これらの予備的なデータは、デュアルルーメン透析カテーテルと中心静脈輸液カテーテルの両方を同時に右内頸静脈に留置することが可能であることを示している。

CONCLUSIONS: Although not currently utilized with frequency, these preliminary data indicate that placing both a dual lumen dialysis catheter and central venous infusion catheter in the right internal jugular simultaneously could be a viable option.