国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

顕在性中隔付属経路のアブレーション:単一施設での経験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Interv Card Electrophysiol.2020 Jul;10.1007/s10840-020-00823-w. doi: 10.1007/s10840-020-00823-w.Epub 2020-07-14.

顕在性中隔付属経路のアブレーション:単一施設での経験

Ablation of manifest septal accessory pathways: a single-center experience.

  • Matthew T Brown
  • Soroosh Kiani
  • George B Black
  • Marvin L R Lu
  • Michael Lloyd
  • Angel R Leon
  • Anand Shah
  • Stacy Westerman
  • Faisal M Merchant
  • Mikhael El-Chami
PMID: 32666409 DOI: 10.1007/s10840-020-00823-w.

抄録

背景:

中隔付属経路(SAP)のアブレーションは心臓ブロックのリスクの増加と関連している。成人におけるSAPアブレーションの転帰に関するデータは限られている。

BACKGROUND: Ablation of septal accessory pathways (SAPs) is associated with an increased risk of heart block. Data on outcomes of SAP ablation in adults are limited.

目的:

当センターにおけるSAPアブレーションの転帰について述べる。

OBJECTIVES: To describe outcomes of SAP ablation in our center.

方法:

2008年1月から2019年8月までの間に当センターでEP試験を受けたWolff-Parkinson-White症候群(WWPW)患者を、当センターの機関データベースから同定した。経路の位置は前中隔(AS)、中隔(MS)、後中隔(PS)のいずれかとした。アブレーションの成功、合併症率、再発率を含むアウトカムも記録された。

METHODS: Patients with Wolff-Parkinson-White syndrome (WPW) undergoing an EP study at our center between January 2008 and August 2019 were identified from our institutional database. Location of the pathway was noted as anteroseptal (AS), midseptal (MS), or posteroseptal (PS). Outcomes of the ablation including success, complication rates, and recurrences were also recorded.

結果:

SAPを有する33人の患者が35回のEP試験を受けた。AS(n=13)、MS(n=5)、PS(n=15)であった。30の経路がアブレーションの対象となり、そのうち2つは2回目の手術を必要とし、30人の患者で32回のアブレーションが試みられた。残りの3人の患者では、SAPには悪性の特徴がなく、アブレーションの対象とはならなかった。単科手術の成功率は28/30(93.33%)で、ASが9/10、MSが5/5、PSが14/15であった。1つのAS経路は2回目の手術でアブレーションに成功した。合併症は2例であった。心外膜マッピングとPSと右自由壁APの両方のアブレーションを受けた患者の心嚢液貯留が1例。さらに、一過性の2:1のAVブロックがMS経路アブレーション中に発生したが、追跡調査中に回復し、恒久的なペーシング手術を必要としなかった。

RESULTS: Thirty-three patients with SAP underwent 35 EP studies: AS (n = 13), MS (n = 5), and PS (n = 15). Thirty pathways were targeted for ablation, two of which required a 2nd procedure resulting in 32 attempts at ablation in 30 patients. In the remaining 3 patients, SAP did not have malignant features and were not targeted for ablation. Single-procedure success rate was 28/30 (93.33%): 9/10 AS, 5/5 MS, and 14/15 PS ablations. One AS pathway was successfully ablated during a 2nd procedure. Two complications were observed: 1 pericardial effusion in a patient who underwent epicardial mapping and ablation of both PS and right free wall APs. Additionally, transient 2:1 AV block occurred during an MS pathway ablation that recovered during follow-up and did not require permanent pacing procedure.

結論:

この単一施設での経験では、顕在性SAPのアブレーションは高い成功率と低い合併症率に関連していた。ペーシングを必要とする永久的な心ブロックは発生しなかった。

CONCLUSION: In this single-center experience, ablation of manifest SAP was associated with high success rates and low complication rates. No instances of permanent heart block requiring pacing occurred.