会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

フトモモジラミのフェノチアジンの環境関連濃度への曝露後のステロイド受容体の性差 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arch. Environ. Contam. Toxicol..2020 Jul;10.1007/s00244-020-00750-x. doi: 10.1007/s00244-020-00750-x.Epub 2020-07-14.

フトモモジラミのフェノチアジンの環境関連濃度への曝露後のステロイド受容体の性差

Sex-Specific Differences of Steroid Receptors Following Exposure to Environmentally Relevant Concentrations of Phenothiazine in Fundulus heteroclitus.

  • John B Chiari
  • Jacob M Laperche
  • Roshni Patel
  • Nicole March
  • Gabriella Calvitto
  • Harry M Pylypiw
  • Courtney L McGinnis
PMID: 32666217 DOI: 10.1007/s00244-020-00750-x.

抄録

フェノチアジン(PTZ)は複素環式チアジン化合物で、工業用および医療用に使用されています。環境監視研究により、PTZがコネチカット州の地元の川に排出されていることが確認されました。フェノチアジンは内分泌撹乱化学物質と同様の作用をすることが示されている。この研究では、PTZ への曝露に反応して、Fundulus heteroclitus の性特異的なホルモン受容体の変化を特定しようとした。フンドゥルス・ヘテロクロリタスは、ミミコグとしても知られており、米国とカナダの大西洋岸に自生する小型魚である。汽水域に生息し、過酷な有毒環境でも生き延びることができます。このモデル生物は、コネチカット州で発見された汚染水域に生息している。この研究では、魚を 0.5ppm、1.0ppm、2.0ppm の PTZ 濃度に 1 週間曝露しました。曝露後、脳、肝臓、生殖腺組織を採取し、cDNAを合成し、6種類のホルモン受容体のmRNA発現を評価した。ビヒクルコントロール(エタノール)と比較して、雄魚と雌魚の様々な組織でホルモン受容体のレベルが観察された。評価した多くの組織で発現レベルに変化が見られたが、雌の肝臓と精巣だけは変化が見られなかった。これらの結果から、PTZは環境に関連した濃度でミミチョグに内分泌撹乱物質として作用する可能性があることが示唆された。

Phenothiazine (PTZ) is a heterocyclic thiazine compound used for industrial and medical purposes. Through environmental surveillance studies, PTZ was found being discharged into a local river in Connecticut. Phenothiazine has been shown to act similarly to endocrine disrupting chemicals. This study sought to identify sex specific hormone receptor changes in Fundulus heteroclitus in response to PTZ exposure. Fundulus heteroclitus, also known as mummichog, are small fish native to the Atlantic coast of the United States and Canada. They reside in brackish waters and can survive harsh toxic environments. This model organism is native to the polluted waters found in Connecticut. In this study, fish were exposed to PTZ concentrations of 0.5 ppm, 1.0 ppm, and 2.0 ppm for 1 week. Following exposure, brain, liver, and gonad tissues were harvested; cDNA was synthesized; and mRNA expression was assessed for 6 different hormone receptors. Compared with vehicle control (ethanol) differences in mRNA expression, levels of hormone receptors were observed in various tissues from male and female fish. Many of the tissues assessed showed changes in expression level, while only female liver and testis showed no change. These results implicate PTZ as a potential endocrine disrupting compound to mummichog at environmentally relevant concentrations.