国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

フレアした根の補強のための異なるコンポジットレジンを用いた代替修復技術の影響. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Adhes Dent.2020;22(4):353-363. 44866. doi: 10.3290/j.jad.a44866.

フレアした根の補強のための異なるコンポジットレジンを用いた代替修復技術の影響.

Influence of Alternative Restoration Technique with Different Composite Resins for Flared Root Reinforcement.

  • Julio Cezar Chidoski-Filho
  • Lucas Pagano Camargo
  • Bruna Fortes Bittencourt
  • Alessandra Reis
  • Osnara Maria Mongruel Gomes
  • João Carlos Gomes
  • Giovana Mongruel Gomes
PMID: 32666061 DOI: 10.3290/j.jad.a44866.

抄録

目的:

根管補強に使用するコンポジットレジンの種類と粘度がフレア根管へのグラスファイバーポストの接着に及ぼす影響を評価すること。

PURPOSE: To evaluate the influence of type and viscosity of composite resins used for root reinforcement in the adhesion of glass-fiber posts to flared root canals.

材料および方法:

78本の単根性永久歯の歯冠を除去し、歯内療法を行った。1週間後に根管補強の準備を行い、ポジティブコントロール群([PCG]根管を拡大しない)、ネガティブコントロール群([NCG]根管を拡大し、補強なし)、残りの4群ではコンポジットレジンの種類(バルクフィルまたは従来型)と粘度(流動性またはレギュラー)の組み合わせにより、根管を拡大して根管補強を受けるように無作為に6群(n=13)に分けた。ファイバーポストセメント化後、各歯根から6本のスライスを得た(頸部、中間、先端3分の1から各2本)。各グループについて,7本の歯をプッシュアウト接着強度試験を行い,6本の歯についてナノリークとビッカース微小硬さの評価を行った.接着強度とナノリーケージのデータは二元配置分散とTukeyの検定(α = 0.05)に,微小硬さのデータは一元配置分散とTukeyの検定(α = 0.05)に提出した.

MATERIALS AND METHODS: The crowns of 78 uniradicular permanent teeth were removed and the teeth were endodontically treated. After one week, the roots were prepared for root reinforcement and randomly divided into 6 groups (n = 13): positive control group ([PCG] the root canals were not enlarged), negative control group ([NCG] root canals were enlarged, no reinforcement), and in the remaining 4 groups, root canals were enlarged to receive root reinforcement according to a combination of the factors composite resin type (bulk-fill or conventional) and viscosity (flowable or regular). After fiber post cementation, six slices were obtained from each root (2 each from the cervical, middle, and apical thirds). For each group, 7 teeth underwent push-out bond strength testing, and 6 teeth were evaluated for nanoleakage and Vickers microhardness. Bond strength and nanoleakage data were submitted to two-way ANOVA and Tukey's test (α = 0.05), and microhardness data to one-way ANOVA and Tukey's test (α = 0.05).

結果:

レギュラーバルクフィルコンポジットレジンと流動性のあるバルクフィルコンポジットレジンを用いた根部補強群は、すべての根部領域においてネガティブコントロールと比較して統計学的に優れた接着結果(接着強度が高く、ナノリークが少ない)を示した。また,微小硬さの値は頸部第3部で高く,次いで中間部で高かった.

RESULTS: The root reinforcement groups with regular and flowable bulk-fill composite resins showed statistically superior adhesion results (higher bond strength and less nanoleakage) compared to the negative control in all root regions. Microhardness values were higher in the cervical third followed by the middle third.

結論:

ファイバーポストセメントの前にフレアした根管の根の補強には、通常のバルクフィルコンポジットレジンまたは流動性のあるバルクフィルコンポジットレジンを選択する必要があります。

CONCLUSION: Regular or flowable bulk-fill composite resins should be chosen for root reinforcement of flared root canals prior to fiber post cementation.