国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

内因性高コルチゾール症に関連した播種性感染症 - 症例報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur J Case Rep Intern Med.2020;7(7):001509. 1509-1-12646-1-10-20200410. doi: 10.12890/2020_001509.Epub 2020-04-14.

内因性高コルチゾール症に関連した播種性感染症 - 症例報告

Disseminated Infection Associated with Endogenous Hypercortisolism - A Case Report.

  • Susana Lemos Cabral
  • Nuno Deveza
  • João Pedro Baptista
  • Paulo Martins
PMID: 32665921 PMCID: PMC7350976. DOI: 10.12890/2020_001509.

抄録

感染症の患者は通常無症状であるが、細胞介在性免疫異常に伴う疾患を有する患者や免疫抑制療法を受けている患者では、大規模な感染亢進が起こることがある。著者らは,下痢とけいれん性腹痛,全身性浮腫,点状発疹,メラノデーマ,咳嗽,呼吸困難の既往歴を有する49歳男性の臨床例を紹介した.低カリウム血症と動脈性高血圧を呈し,クッシング症候群または副腎皮質刺激ホルモンの異所性産生の診断仮説で入院した.両側の肺の閉塞を伴う呼吸不全を発症し,集中治療室に入院した.腹部CTスキャンで肝臓と十二指腸に腫瘤を認めた.十二指腸生検では小細胞神経内分泌癌の存在が、肝生検では小細胞神経内分泌癌の存在が確認された。患者は入院から50日後に死亡した。この患者で観察された高レベルの内因性コルチゾールが、重度の致死的な感染症への進行を促進した可能性がある。

Patients with infections are usually asymptomatic but massive hyperinfection may occur in patients with diseases associated with abnormal cell-mediated immunity or receiving immunosuppressive therapy. The authors present the clinical case of a 49-year-old man with a history of diarrhoea and cramping abdominal pain, generalized oedema, petechial rash, melanoderma, cough and dyspnoea. He presented hypokalaemia and arterial hypertension and was admitted with the diagnostic hypothesis of Cushing's syndrome or adrenocorticotropic hormone ectopic production. The patient developed respiratory failure associated with bilateral lung opacities and was admitted to the Intensive Care Unit. The abdominal computed tomography scan revealed liver and duodenal masses. The duodenal biopsy showed the presence of and the liver biopsy showed the presence of small cell neuroendocrine carcinoma. The patient died 50 days after hospital admission. The high level of endogenous cortisol observed in this patient may have facilitated the progression to severe fatal infection.

学習のポイント:

高感染症および播種性疾患は、適切な臨床および疫学的背景があれば、免疫不全患者において多臓器感染症として発症する可能性がある。

LEARNING POINTS: hyperinfection and disseminated disease can present as a multiorgan infection in immunocompromised patients with an appropriate clinical and epidemiological context. hyperinfection and disseminated disease can present with no eosinophilia and negative parasitological stool tests in more than 70% of cases.

© EFIM 2020.