国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

高齢のがん患者における栄養失調と全生存率 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Nutr.2020 Jul;S0261-5614(20)30337-X. doi: 10.1016/j.clnu.2020.06.026.Epub 2020-07-01.

高齢のがん患者における栄養失調と全生存率

Malnutrition and overall survival in older patients with cancer.

  • Xiaotao Zhang
  • Linda Pang
  • Shreela V Sharma
  • Ruosha Li
  • Alan G Nyitray
  • Beatrice J Edwards
PMID: 32665101 DOI: 10.1016/j.clnu.2020.06.026.

抄録

この研究では、65歳以上のがん患者における栄養不良の有病率および全生存期間との関連を評価した。

BACKGROUND & AIMS: In this study, we assessed the prevalence of malnutrition and its association with overall survival among patients with cancer aged 65 years and older.

方法:

このレトロスペクティブ・コホート研究では、がん治療を受けている患者が包括的老年医学的評価(CGA)を受けた。栄養不良状態はCGAを通して決定された。ベースラインの栄養不良と生存との関連を評価するために、単変量および多変量Cox回帰生存分析を用いた。

METHODS: In this retrospective cohort study, patients receiving cancer care underwent a comprehensive geriatric assessment (CGA). Malnutrition status was determined through the CGA. We used univariate and multivariable Cox regression survival analyses to assess the association between baseline malnutrition and survival.

結果:

合計454人のがん患者が解析に含まれていた。年齢中央値は78歳で、男性と女性が等しく含まれていた。42%(n=190)がベースライン時に栄養失調で、33%が追跡期間中に死亡した(範囲0.2~51.1ヵ月)。一変量解析では、栄養不良は高齢のがん患者における全死因死亡のリスクを増加させることが示された(HR、1.49;95%CI、1.08-2.05;p=0.01)。多変量Cox回帰モデルでは、栄養不良は高齢の固形腫瘍患者における全死因死亡リスクを増加させた(HR、1.87;95%CI、1.10-3.17;p=0.02)。しかし、栄養不良は血液悪性腫瘍の全死因死亡リスクを増加させなかった。

RESULTS: A total of 454 patients with cancers were included in the analysis. The median age was 78 years and men and women were equally represented. Forty-two percent (n = 190) were malnourished at baseline, and 33% died during the follow-up (range 0.2-51.1 month). Univariate analysis showed that malnutrition increased the risk of all-cause mortality in older patients with cancer (HR, 1.49; 95% CI, 1.08-2.05; p = 0.01). In the multivariate Cox regression model, malnutrition increased the risk of all-cause mortality (HR, 1.87; 95% CI, 1.10-3.17; p = 0.02) in older patients with solid tumors. However, malnutrition did not increase the risk of all-cause mortality for hematologic malignancies.

結論:

我々の研究では、高齢のがん患者、特に高齢の固形腫瘍患者において、栄養不良が死亡率の危険因子であることが明らかになった。プロスペクティブな間歇的研究が推奨されている。

CONCLUSIONS: In our study, we found that malnutrition was a risk factor for mortality in older cancer patients, especially in older patients with solid tumors. Prospective inter ventional studies are recommended.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Ltd.