国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

脳微小出血を伴う虚血性脳卒中におけるシロスタゾール対アスピリン対脳内出血歴のある患者 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Stroke.2020 Jul;:1747493020941273. doi: 10.1177/1747493020941273.Epub 2020-07-14.

脳微小出血を伴う虚血性脳卒中におけるシロスタゾール対アスピリン対脳内出血歴のある患者

Cilostazol versus aspirin in ischemic stroke with cerebral microbleeds versus prior intracerebral hemorrhage.

  • Hong-Kyun Park
  • Ji Sung Lee
  • Bum Joon Kim
  • Jong-Ho Park
  • Yong-Jae Kim
  • Sungwook Yu
  • Yang-Ha Hwang
  • Joung-Ho Rha
  • Sung Hyuk Heo
  • Seong Hwan Ahn
  • Woo-Keun Seo
  • Jong-Moo Park
  • Ju-Hun Lee
  • Jee-Hyun Kwon
  • Sung-Il Sohn
  • Jin-Man Jung
  • Sun U Kwon
  • Keun-Sik Hong
PMID: 32664827 DOI: 10.1177/1747493020941273.

抄録

背景:

PICASSO(PreventIon of CArdiovascular Events in Ischaemic Stroke Patients with High Risk of Cerebral HaemOrrhage)では、シロスタゾールとアスピリンは脳出血と主要血管イベントのエンドポイントで同等であった。しかし,出血を起こしやすい病変がある場合には,治療効果が変化する可能性があった。

BACKGROUND: In PreventIon of CArdiovascular Events in Ischaemic Stroke Patients with High Risk of Cerebral HaemOrrhage (PICASSO), cilostazol versus aspirin was comparable for the end points of cerebral hemorrhage and major vascular events. However, underlying hemorrhage-prone lesions could modify the treatment effect.

エーアイエムズ:

出血を起こしやすい病変(多発性脳微小出血と既往の脳内出血)でシロスタゾールとアスピリンの安全性と有効性が異なるかどうかを検討した。

AIMS: We explored whether the safety and efficacy of cilostazol versus aspirin would differ between hemorrhage-prone lesions (multiple cerebral microbleeds vs. prior intracerebral hemorrhage).

方法:

このPICASSOのポストホック解析では,患者を脳微小出血と脳内出血の既往のサブグループに分けた.安全性の主要エンドポイントは脳出血の初回発生とした。有効性の主要エンドポイントは脳卒中,心筋梗塞,血管死のいずれかを複合したものであった.

METHODS: In this post hoc analysis of PICASSO, we divided patients into the cerebral microbleeds and prior intracerebral hemorrhage subgroups. The primary safety end point was the first occurrence of cerebral hemorrhage. The primary efficacy end point was the composite of stroke, myocardial infarction, or vascular death.

結果:

1512例中、多発性脳微小出血が903例(59.7%)、先行脳内出血が609例(40.3%)であった。脳内出血リスクはシロスタゾールとアスピリンの比較で低かった(0.12%/年 vs. 1.49%/年;ハザード比、0.08[95%信頼区間0.01-0.60];=0.015)。015)であったが,脳微小出血サブグループでは差はなかった(1.26%/年 vs. 0.79%/年;ハザード比,1.60 [0.52-4.90];=0.408)が,先行脳内出血サブグループでは差はなかった。治療法別サブグループの相互作用は有意であった(=0.011)。主要血管イベントの複合体については、脳微小出血サブグループではシロスタゾール対アスピリンでリスクが低い傾向があったが(3.56%/年 vs. 5.53%/年;ハザード比0.64 [0.41-1.01];=0.056)、同程度であった(5.21%/年 vs. 5.21%/年)。21%/年 vs. 5.05%/年; ハザード比 1.03 [0.63-1.67]; =0.913)であったが、先行脳内出血サブグループでは、治療法別の有意な相互作用は認められなかった(=0.165)。

RESULTS: Of 1512 patients, 903 (59.7%) had multiple cerebral microbleeds and 609 (40.3%) had prior intracerebral hemorrhage. The cerebral hemorrhage risk was lower with cilostazol versus aspirin (0.12%/year vs. 1.49%/year; hazard ratio, 0.08 [95% confidence interval 0.01-0.60];  = 0.015) in the cerebral microbleeds subgroup, but was not different (1.26%/year vs. 0.79%/year; hazards ratio 1.60 [0.52-4.90];  = 0.408) in the prior intracerebral hemorrhage subgroup. The interaction of treatment-by-subgroup was significant ( = 0.011). For the composite of major vascular events, there was a trend toward a lower risk with cilostazol versus aspirin (3.56%/year vs. 5.53%/year; hazards ratio 0.64 [0.41-1.01];  = 0.056) in the cerebral microbleeds subgroup, but was comparable (5.21%/year vs. 5.05%/year; hazards ratio 1.03 [0.63-1.67];  = 0.913) in the prior intracerebral hemorrhage subgroup without a significant treatment-by-subgroup interaction ( = 0.165).

結論:

多発性脳微小出血を伴う虚血性脳卒中では、シロスタゾール対アスピリンの併用療法の方が優れている可能性があるが、確認試験が必要である。

CONCLUSIONS: Cilostazol versus aspirin might be a better option in ischemic stroke with multiple cerebral microbleeds, but confirmatory trials are needed.

臨床試験登録:

URL:http://www.clinicaltrials.gov。NCT01013532。

CLINICAL TRIAL REGISTRATION: URL:http://www.clinicaltrials.gov. NCT01013532.