国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

c-MYC-An-Intrinsically Disordered Systemの分子動力学シミュレーションの最適化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Life (Basel).2020 Jul;10(7). E109. doi: 10.3390/life10070109.Epub 2020-07-10.

c-MYC-An-Intrinsically Disordered Systemの分子動力学シミュレーションの最適化

Optimization of Molecular Dynamics Simulations of c-MYC-An Intrinsically Disordered System.

  • Sandra S Sullivan
  • Robert O J Weinzierl
PMID: 32664335 DOI: 10.3390/life10070109.

抄録

細胞内の主要な制御イベントに関与するタンパク質の多くは、従来の構造/機能の解剖では容易に理解できないような、広範囲に及ぶ本質的に無秩序な領域を含んでいます。c-MYCは細胞の増殖とアポトーシスの制御に重要な役割を果たしており、一次配列の70%以上が無秩序である。そのため、二次構造、三次構造の範囲を明らかにする計算科学的アプローチは、このようなタンパク質を研究する唯一の現実的な機会を提供するものである。ここでは、c-MYCのN末端88アミノ酸について、分子動力学シミュレーションに用いた力場と水モデルの実験結果を紹介する。シミュレーションデータと実験で得られた二次構造との比較から、暗黙の溶媒和法が非常に整合的であることが明らかになった。この結果は、c-MYCの構造ダイナミクスについての洞察を与え、将来の実験的アプローチの指針となるだろう。ここで述べた軌道解析のためのプロトコルは、本質的に無秩序なタンパク質の様々な計算シミュレーションの解析に適用可能である。

Many of the proteins involved in key cellular regulatory events contain extensive intrinsically disordered regions that are not readily amenable to conventional structure/function dissection. The oncoprotein c-MYC plays a key role in controlling cell proliferation and apoptosis and more than 70% of the primary sequence is disordered. Computational approaches that shed light on the range of secondary and tertiary structural conformations therefore provide the only realistic chance to study such proteins. Here, we describe the results of several tests of force fields and water models employed in molecular dynamics simulations for the N-terminal 88 amino acids of c-MYC. Comparisons of the simulation data with experimental secondary structure assignments obtained by NMR establish a particular implicit solvation approach as highly congruent. The results provide insights into the structural dynamics of c-MYC, which will be useful for guiding future experimental approaches. The protocols for trajectory analysis described here will be applicable for the analysis of a variety of computational simulations of intrinsically disordered proteins.