会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

アフリカの学校給食プログラムのためのスナック開発。スコーピングレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Environ Res Public Health.2020 Jul;17(14). E4967. doi: 10.3390/ijerph17144967.Epub 2020-07-10.

アフリカの学校給食プログラムのためのスナック開発。スコーピングレビュー

Snack Development for School Feeding Programs in Africa: A Scoping Review.

  • Saffia Hassanally
  • Ashika Naicker
  • Evonne Singh
PMID: 32664188 DOI: 10.3390/ijerph17144967.

抄録

学校給食の利点は十分に文書化されている。そのため、学校給食プログラムは開発途上国で継続的に人気を博している。しかし、課題と潜在的な機会は依然として存在しており、長期的な持続可能性のために学校給食の見直しが求められている。南アフリカには、学童の推奨食事手当(RDA)を増加させてエネルギー必要量の少なくとも 25%を満たすようなエネルギー密度の高いおやつを含めることで、国民学校栄養プログラム(NSNP)を改善する機会がある。このスコーピングレビューの目的は、アフリカの学校給食プログラムのためのスナック食品開発に関する研究のレビューと評価を行うことであった。対象となる研究は、アフリカにおける学校給食プログラムのためのおやつの開発を報告しなければならなかった。National Research Foundation (NRF) NEXUS、Elton B. Stephens Company (EBSCO)、International Food Information Service (IFIS)、Nutrition and Food Sciences Center for Agriculture and Bioscience International (CABI.ORG)、Google Scholar で電子検索を行った。特定された429件の論文のうち、9件の研究が最終レビューに含まれた。抽出されたデータには、研究デザイン、介入、アウトカム、関連する所見、限界が含まれている。結果は、叙述的な要約で示された。レビューの結果、エネルギーを豊富に含む主食と食品強化がスナック菓子の開発に一般的に用いられていることが示された。開発された人気のあるスナック製品には、ポーリッジやビスケットが含まれていた。ほとんどの研究では栄養学的な成果が報告されているが、官能的な受容性試験について報告している研究は少なく、コスト分析を行った研究は2件のみであった。アフリカの学校給食プログラムのための過去のおやつ開発の取り組みのレビューは、開発された食品の持続可能性を確立することの重要性を強調している。このレビューの結果は、学校給食プログラムのための将来のスナック製品開発に役立つ可能性を秘めている。

The benefits of school feeding have been well documented. As such, school feeding programs have continuously gained popularity in developing countries. However, challenges and potential opportunities persist, calling for a review of school feeding for long-term sustainability. South Africa has an opportunity to improve their National School Nutrition Program (NSNP) by including an energy-dense snack that would increase the recommended dietary allowance (RDA) of school children to meet at least 25% of their energy requirements. The objective of this scoping review was to conduct a review and an appraisal of studies on snack food development for school feeding programs in Africa. Eligible studies had to report snack development for school feeding programs in Africa. We conducted an electronic search in National Research Foundation (NRF) NEXUS, Elton B. Stephens Company (EBSCO), International Food Information Service (IFIS), Nutrition and Food Sciences Center for Agriculture and Bioscience International (CABI.ORG), and Google Scholar. Of the 429 articles identified, nine studies were included in the final review-five from within South Africa and four from elsewhere in Africa. Data extracted included the study design, intervention, outcomes, relevant findings, and limitations. Results were presented in a narrative summary. The review findings showed that energy-rich staple foods and food fortification were commonly used in snack development. The popular snack products developed included porridges and biscuits. While most studies reported nutritional outcomes, few studies reported on sensory acceptability tests and only two studies conducted a cost analysis. This review of previous snack development initiatives for school feeding programs in Africa underscores the importance of establishing the sustainability of any food product developed. The findings of this review have the potential to inform future snack product development for school feeding programs.