国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

レボカルニチン投与中の肝硬変患者における骨格筋量減少は予後不良を予測した | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2020 Jul;99(28):e21061. 00005792-202007100-00072. doi: 10.1097/MD.0000000000021061.

レボカルニチン投与中の肝硬変患者における骨格筋量減少は予後不良を予測した

Skeletal muscle volume loss among liver cirrhosis patients receiving levocarnitine predicts poor prognosis.

  • Masashi Fujita
  • Kazumichi Abe
  • Manabu Hayashi
  • Atsushi Takahashi
  • Hiromasa Ohira
PMID: 32664122 DOI: 10.1097/MD.0000000000021061.

抄録

肝硬変患者の骨格筋量減少は予後に悪影響を及ぼすことが知られている。レボカルニチン(L-カルニチン)を服用しているLC患者における骨格筋量の意義とその変化を検討した。骨格質量指数は、第3腰椎の大腰筋の大軸"Zs_200A"×大軸"Zs_200A"の左右和を身長の2乗で割った値(大腰筋指数[PMI])として算出した。患者は、男女それぞれPMI"Zs_200A"<"Zs_200A"6.0と"Zs_200A"<"Zs_200A"3.4"Zs_200A"cm/mによって2つのグループ(低PMIと正常PMI)に分類されました。L-カルニチン投与中の1ヶ月あたりのPMIの変化(ΔPMI/m)を算出し、下四分位以下のΔPMI/mによって2群(重度筋萎縮と軽度筋萎縮)に分類した。L-カルニチン投与開始時には、PMIが低い群と正常群ではOSに有意差は認められなかった。多変量解析では、ΔPMI/m(ハザード比[HR]、0.007;P"Zs_200A"="Zs_200A".005)とL-カルニチン投与期間(HR、0.956;P"Zs_200A"="Zs_200A".021)がOSと有意に関連していた。重度の筋萎縮患者は軽度の筋萎縮患者に比べて有意にOSが低かった。L-カルニチンを服用しているLC患者では、筋量減少が進行していることが予後不良の予測因子となっていた。L-カルニチンの長期投与は筋量減少を予防し、予後の改善につながる可能性がある。

Sarcopenia has a negative impact on the prognosis of patients with liver cirrhosis (LC). We investigated the significance of skeletal muscle volume and its changes in LC patients taking levocarnitine (L-carnitine).We retrospectively analyzed 51 LC patients taking L-carnitine from December 2012 to March 2019. Skeletal mass index was calculated as the left-right sum of the major × minor axis of psoas muscle at the third lumbar vertebra, divided by height squared (psoas muscle index [PMI]). Patients were classified into 2 groups (low and normal PMI) depending on PMI < 6.0 and < 3.4 cm/m for men and women, respectively. Changes in PMI per month during L-carnitine administration (ΔPMI/m) were calculated, and we classified the patients into 2 groups (severe and mild muscle atrophy) depending on ΔPMI/m below the lower quartile. We assessed overall survival (OS).At the start of L-carnitine administration, there were no significant differences in OS between groups with low and normal PMI. Multivariate analysis showed that ΔPMI/m (hazard ratio [HR], 0.007; P = .005) and L-carnitine administration period (HR, 0.956; P = .021) were significantly associated with OS. Patients with severe muscle atrophy had a significantly lower OS than those with mild muscle atrophy. There was the positive correlation relationship between ΔPMI/m and L-carnitine administration period.Among LC patients taking L-carnitine, progressive muscle volume loss was a predictor of poor prognosis. L-carnitine administration for longer may be able to prevent muscle volume loss and lead to a better prognosis in LC patients.