会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ZENKER'S DIVERTICULUMに対するFLEXIBLE ENDOSCOPIC MYOTOMYの実践パターン、技術、および結果:レトロスペクティブ、多施設研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Endoscopy.2020 Jul;doi: 10.1055/a-1219-4516.Epub 2020-07-14.

ZENKER'S DIVERTICULUMに対するFLEXIBLE ENDOSCOPIC MYOTOMYの実践パターン、技術、および結果:レトロスペクティブ、多施設研究

PRACTICE PATTERNS, TECHNIQUES, AND OUTCOMES OF FLEXIBLE ENDOSCOPIC MYOTOMY FOR ZENKER'S DIVERTICULUM: RETROSPECTIVE, MULTI-CENTER STUDY.

  • Chetan Mittal
  • David Diehl
  • Peter Draganov
  • Laith Jamil
  • Ammara Khalid
  • Harshit Khara
  • Vikas Khullar
  • Ryan Law
  • Simon Lo
  • Abraham Mathew
  • Ebrahim Mirakhor
  • Alireza Sedarat
  • Neil Sharma
  • Setareh Sharzehi
  • Anna Tavvakoli
  • Adarsh Thaker
  • Nirav Thosani
  • Dennis Yang
  • Christina Zelt
  • Mihir S Wagh
PMID: 32663877 DOI: 10.1055/a-1219-4516.

抄録

背景と目的:

ゼンカー憩室(Zenker's diverticulum: ZD)に対しては、様々な内視鏡的手技や機器を用いて柔軟性のある内視鏡的筋腫切開術が行われるようになってきている。本研究の主な目的は、ZDに対する内視鏡的筋切開術の施行パターンを評価し、転帰を比較することであった。

BACKGROUND AND AIMS: Flexible endoscopic myotomy has been increasingly performed for Zenker's diverticulum (ZD) using various endoscopic techniques and devices. The main aim of this study was to assess practice patterns and compare outcomes of endoscopic myotomy for ZD.

患者と方法:

2012年1月から2018年1月までに12か所の三次内視鏡センターで行われた症例をレビューした。18歳以上で嚥下障害および/または逆流を有する患者、ZDで内視鏡的筋切開術を受けた患者を対象とした。評価されたアウトカムには、技術的成功、臨床的成功、有害事象が含まれた。

PATIENTS AND METHODS: Cases performed at 12tertiaryendoscopy centers from 1/2012-12/2018 were reviewed. Patients ≥18 years old with dysphagia and/or regurgitation, and ZD who underwent endoscopic myotomy were included. Outcomes assessed included technical success, clinical success and adverse events.

結果:

161人の患者が含まれていた。伝統的な内視鏡的中隔膜切除術が最も一般的に行われた(137/161、85.1%)、次いで中隔膜の粘膜下層剥離とミオトミー(24/161、14.9%)が行われた。フックナイフ(43/161、26.7%)、ニードルナイフ(33/161、20%)が最も多く使用された。全体として、技術的成功率は98.1%(158/161例)、臨床的成功率は78.1%(96/123例)であった。有害事象は13patients(8.1%)に認められた。従来の中隔膜剥離術群と粘膜下層剥離術群では、技術的成功率と臨床的成功率に有意差はなかった(それぞれ97%対95.8%、p=0.559、75.2%対90.9%、p=0.155)。臨床的成功率は、ニードルナイフ(76.6%)と絶縁チップナイフ(47.1%)に比べ、フックナイフ(96.67%)の方が高かった。アウトカムは、実施症例数が20例以上、11例以上20例未満、10例未満のセンター間で類似していた。

RESULTS: 161 patients were included. Traditional endoscopic septotomy was most commonly performed (137/161, 85.1%) followed by submucosal dissection on the septum and myotomy (24/161, 14.9%). Hook knife (43/161, 26.7%) and needle knife (33/161, 20%) were most commonly used. Overall, technical and clinical success was 98.1% (158/161) and78.1% (96/123). Adverse events were noted in 13patients (8.1%). There was no significant difference in technical and clinical success between traditional septotomy and submucosal dissection groups (97% vs 95.8%, p = 0.559 and 75.2% vs 90.9%, p = 0.155, respectively). Clinical success was higher with hook knife (96.67%), compared to needle knife (76.6%) and insulated tip knife (47.1%). Outcomes were similar between centers with > 20, 11-20 and <10 cases performed.

結論:

柔軟性のある内視鏡的ミオトミーは,有害事象の発生率が低い ZD に対して有効な治療法である.従来の中隔膜切開術と粘膜下層剥離アプローチの間では、臨床的成功率はフックナイフの方が高かったが、アウトカムに有意な差はなかった。

CONCLUSIONS: Flexible endoscopic myotomy is an effective therapy for ZD with a low rate of adverse events. There was no significant difference in outcomes between traditional septotomy and a submucosal dissection approach, or with centers with higher volume, though clinical success was higher with the hook knife.

Thieme. All rights reserved.