国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

超広視野OCTで検出された近視性黄斑網膜症の発症における血管傍硝子体接着の重要性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ophthalmology.2020 Jul;S0161-6420(20)30672-2. doi: 10.1016/j.ophtha.2020.06.063.Epub 2020-07-11.

超広視野OCTで検出された近視性黄斑網膜症の発症における血管傍硝子体接着の重要性

Importance of paravascular vitreal adhesions for development of myopic macular retinoschisis detected by ultra-widefield OCT.

  • Hiroyuki Takahashi
  • Noriko Tanaka
  • Kosei Shinohara
  • Kengo Uramoto
  • Tae Yokoi
  • Takeshi Yoshida
  • Kyoko Ohno-Matsui
PMID: 32663528 DOI: 10.1016/j.ophtha.2020.06.063.

抄録

目的:

超広視野OCT(UWF-OCT)を用いて、近視性黄斑網膜症(MRS)を有する眼の大部分の前庭後網膜を調べ、血管傍硝子体接着がMRSの発症に関与しているかどうかを明らかにすること。

PURPOSE: To examine the majority of postequatorial retina in eyes with myopic macular retinoschisis (MRS) by ultra-widefield OCT (UWF-OCT) and to determine whether paravascular vitreal adhesions play a role in the development of MRS.

デザイン:

レトロスペクティブな単施設観察症例シリーズ。

DESIGN: Retrospective single-center observational case series.

参加者:

MRSの有無にかかわらず、50歳以上の高近視者150名を対象に調査を行った。高近視とは、軸方向の長さが26.5mmを超える眼と定義した。

PARTICIPANTS: One hundred and fifty highly myopic participants who were >50-years-of-age with and without an MRS were studied. High myopia was defined as an eye with an axial length >26.5 mm.

方法:

すべての参加者は、プロトタイプのスイープソースOCT装置を使用して、スキャン幅23mm、深さ5mmのUWF-OCTイメージングを受けました。UWF-OCT画像では、網膜硝子体と網膜血管との癒着、および傍血管異常、例えば傍血管網膜嚢胞、傍血管網膜嚢胞、傍血管ラメラ孔などを解析した。MRSのある眼の所見をMRSのない眼の所見と比較しました。

METHODS: All participants underwent UWF-OCT imaging with a scan width of 23 mm and a depth with 5 mm using a prototype swept source OCT device. The vitreoretinal adhesions to the foveal retina and retinal vessels, and paravascular abnormalities, e.g., paravascular retinal cysts, paravascular retinoschisis, and paravascular lamellar holes, were analyzed in the UWF-OCT images. The findings in eyes with an MRS were compared to those in eyes without an MRS.

主要評価項目:

MRSと網膜血管または眼窩への硝子体癒着との関係を調べた。

MAIN OUTCOME MEASURE: The relationships between an MRS and vitreal adhesions to the retinal vessels or to the fovea were determined.

結果:

MRSは150眼中49眼(33%)に認められた。網膜血管への硝子体癒着は、MRSのある眼ではMRSのない眼よりも高頻度に認められた(63% vs 44%;P=0.04)。対照的に、MRSを受けた眼では、眼窩への癒着が認められた眼の数は、MRSを受けない眼の数と有意差はなかった(57%対59%)。傍血管性病変、例えば網膜嚢胞、網膜裂孔、ラメラ孔は、MRSのある眼ではMRSのない眼よりも多かった(それぞれ71%対36%、61%対17%、20%対8%;P<0.001、P<0.001、P=0.03)。多変量解析では、傍血管性硝子体癒着の存在がMRS発症の有意な予測因子であることが示された(OR=2.56、P=0.02)。

RESULTS: An MRS was found in 49 of the 150 eyes (33%). Vitreal adhesions to the retinal vessels were found more frequently in eyes with an MRS than eyes without an MRS (63% vs 44%; P=0.04). In contrast, the number of eyes with adhesions to the fovea in eyes with an MRS was not significantly different from that in eyes without an MRS (57% vs 59%). Paravascular lesions, e.g., retinal cysts, retinoschisis, lamellar holes, were more common in eyes with an MRS than eyes without an MRS (71% vs 36%, 61% vs 17 %, and 20% vs 8%; P<0.001, P<0.001 and P=0.03, respectively). Multivariate analysis showed that the presence of paravascular vitreal adhesions was a significant predictor for MRS development (OR=2.56, P=0.02).

結論:

この結果は,眼窩に対する硝子体癒着よりも血管傍硝子体癒着の方がMRSの発症に重要な役割を果たしている可能性を示唆している.網膜傍脈管硝子体癒着は、網膜嚢胞や網膜傍脈管網膜癒着を含む様々な種類の傍脈管病変の発生に関係している可能性があり、それがMRSの形成につながる可能性があります。

CONCLUSIONS: The results indicate that paravascular vitreoretinal adhesions may play a more important role in the development of an MRS than vitreous adhesions to the fovea. Paravascular vitreoretinal adhesions may be related to the development of the different types of paravascular lesions including retinal cysts and paravascular retinoschisis which could then lead to the formation of an MRS.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.