国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

2009年から2019年までの米国医師労働力におけるムスリム主要国出身の国際医学卒業生の有病率 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
JAMA Netw Open.2020 Jul;3(7):e209418. 2767883. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2020.9418.Epub 2020-07-01.

2009年から2019年までの米国医師労働力におけるムスリム主要国出身の国際医学卒業生の有病率

Prevalence of International Medical Graduates From Muslim-Majority Nations in the US Physician Workforce From 2009 to 2019.

  • John R Boulet
  • Robbert J Duvivier
  • William W Pinsky
PMID: 32663311 PMCID: PMC7339131. DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2020.9418.

抄録

重要性:

歴史的に、米国の医師労働力には多くの国際的な医学卒業生(IMG)が含まれてきた。最近の米国の移民政策は、IMGの流入に影響を与える可能性があり、特にイスラム教を主とする国の国民であるIMGの流入に影響を与える可能性がある。

Importance: Historically, the US physician workforce has included a large number of international medical graduates (IMGs). Recent US immigration policies may affect the inflow of IMGs, particularly those who are citizens of Muslim-majority nations.

目的:

米国の医師労働力への貢献を含む、ムスリム主要国出身のIMGの特徴を概観し、2019年から2018年の間の外国人医学卒業生教育委員会への認定申請数の傾向を、全体とムスリム主要国の市民の両方で記述すること。

Objectives: To provide an overview of the characteristics of IMGs from Muslim-majority nations, including their contributions to the US physician workforce, and to describe trends in the number of applications for certification to the Educational Commission for Foreign Medical Graduates between 2019 and 2018, both overall and for citizens of Muslim-majority nations.

デザイン、設定、参加者:

この横断的研究は、2019年米国医師会医師マスターファイルに記載されている1065606人の米国医師と、2009年から2018年の間に外国人医学卒業生教育委員会の認定プロセスに申請した156017人の申請者を対象に、反復横断的研究デザインを用いて、出席した医学部の国、医学部入学時の市民権、現在の雇用、専門、診療の種類などのキャリア情報など、入手可能なデータを再検討した。

Design, Setting, and Participants: This cross-sectional study, which included 1 065 606 US physicians listed in the 2019 American Medical Association Physician Masterfile and 156 017 applicants to the Educational Commission for Foreign Medical Graduates certification process between 2009 and 2018, used a repeated cross-sectional study design to review the available data, including country of medical school attended, citizenship when entering medical school, and career information, such as present employment, specialty, and type of practice.

エクスポージャー:

医学部に入学する際の国籍。

Exposures: Country of citizenship when entering medical school.

主な成果と対策:

2019年米国医師会医師マスターファイルの医師数と人口統計情報、および2009年から2018年までの外国人医学卒業生のための教育委員会の申請者データ。

Main Outcomes and Measures: Physician counts and demographic information from the 2019 American Medical Association Physician Masterfile and applicant data from the Educational Commission for Foreign Medical Graduates from 2009 to 2018.

結果:

米国医師会医師マスターファイルの1065606人の医師のうち、263029人(24.7%)がIMGであり、そのうち48354人は医学部入学時にイスラム教徒が多く住む国の国民であり、全IMGの18.4%を占めています。全体では、米国では22人に1人の医師がイスラム圏のIMGであり、米国の医師全体の4.5%を占めています。イスラム教が主流の国からのIMGの半数以上(24491人[50.6%])は3カ国から来ている。パキスタン(14352 [29.7%])、イラン(5288 [10.9%])、エジプト(4851 [10.0%])の3カ国です。最も多い専門分野は、内科(10934[23.6%])、家庭医学(3430[7.5%])、小児科(2767[5.9%])、精神科(2251[4.8%])で、プライマリ・ケア専門医で開業しているのは18229人(38.1%)である。イスラム教を母国語とする国からの外国人医学卒業生教育委員会の認定申請者数は、2009年(3227人)から2015年(4244人)まで増加した後、2016年は2.1%減の4254人、2017年は4.3%減の4073人、2018年は11.5%減の3604人となった。この減少の多くは、パキスタン(2015年1042人→2018年919人)、エジプト(2015年493人→2018年309人)、イラン(2015年281人→2018年182人)、サウジアラビア(2015年337人→2018年163人)からの認証申請者が減少したことに起因していると考えられる。

Results: Of 1 065 606 physicians in the American Medical Association Physician Masterfile, 263 029 (24.7%) were IMGs, of whom 48 354 were citizens of Muslim-majority countries at time of entry to medical school, representing 18.4% of all IMGs. Overall, 1 in 22 physicians in the US was an IMG from a Muslim-majority nation, representing 4.5% of the total US physician workforce. More than half of IMGs from Muslim-majority nations (24 491 [50.6%]) come from 3 countries: Pakistan (14 352 [29.7%]), Iran (5288 [10.9%]), and Egypt (4851 [10.0%]). The most prevalent specialties include internal medicine (10 934 [23.6%]), family medicine (3430 [7.5%]), pediatrics (2767 [5.9%]), and psychiatry (2251 [4.8%]), with 18 229 (38.1%) practicing in primary care specialties. The number of applicants for Educational Commission for Foreign Medical Graduates certification from Muslim-majority countries increased from 2009 (3227 applicants) to 2015 (4244 applicants), then decreased by 2.1% in 2016 to 4254 applicants, 4.3% in 2017 to 4073 applicants, and 11.5% in 2018 to 3604 applicants. Much of this decrease could be attributed to fewer citizens from Pakistan (1042 applicants in 2015 to 919 applicants in 2018), Egypt (493 applicants in 2015 to 309 applicants in 2018), Iran (281 applicants in 2015 to 182 applicants in 2018), and Saudi Arabia (337 applicants in 2015 to 163 applicants in 2018) applying for certification.

結論と関連性:

本調査の結果に基づき、2015年から2018年にかけて、ムスリム主要国からのECFMG申請者数は減少した。米国の医師労働力は、今後しばらくの間、IMGに依存し続けることになるだろう。一部の国の市民が米国でのレジデンシー職を求めなくなる程度には、医師労働力の格差が拡大する可能性がある。

Conclusions and Relevance: Based on the findings of this study, the number of ECFMG applicants from Muslim-majority countries decreased from 2015 to 2018. The US physician workforce will continue to rely on IMGs for some time to come. To the extent that citizens from some countries no longer seek residency positions in the US, gaps in the physician workforce could widen.