会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

COVID-19気道管理隔離室 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Otolaryngol Head Neck Surg.2020 Jul;:194599820942500. doi: 10.1177/0194599820942500.Epub 2020-07-14.

COVID-19気道管理隔離室

COVID-19 Airway Management Isolation Chamber.

  • Timothy C Blood
  • Jonathan N Perkins
  • Paul R Wistermayer
  • Joseph S Krivda
  • Nathan T Fisher
  • Charles A Riley
  • Douglas S Ruhl
  • Steven S Hong
PMID: 32662735 PMCID: PMC7361124. DOI: 10.1177/0194599820942500.

抄録

目的:

コロナウイルスパンデミック(COVID-19)の間、医療従事者は患者ケアと安全対策を革新している。残念なことに、これらの多くは有効性について適切に試験されていない。本研究の目的は、微粒子を封じ込めて避難させるための新しいCOVID-19気道管理隔離室(CAMIC)の有効性を決定することであった。

OBJECTIVE: During the coronavirus pandemic (COVID-19), health care workers are innovating patient care and safety measures. Unfortunately, many of these are not properly tested for efficacy. The objective of this study was to determine the efficacy of the novel COVID-19 Airway Management Isolation Chamber (CAMIC) to contain and evacuate particulate.

研究デザイン:

マルチインスティテューションの概念実証研究。

STUDY DESIGN: Multi-institutional proof-of-concept study.

設定:

2つの学術機関。ウォルター・リード国立軍事医療センター(WRNMMC)とマディガン陸軍医療センター(MAMC)。

SETTING: Two academic institutions: Walter Reed National Military Medical Center (WRNMMC) and Madigan Army Medical Center (MAMC).

被験者および方法:

超微粒子を封じ込めて除去するCAMICの有効性を評価するために,煙,生理食塩水ネブライザ,模擬ワーキングポートモデルを開発した.粒子数は,システムの内外で設定された時間間隔で収集された.

SUBJECTS AND METHODS: Smoke, saline nebulizer, and simulated working port models were developed to assess the efficacy of the CAMIC to contain and remove ultrafine particles. Particulate counts were collected at set time intervals inside and outside the system.

結果:

CAMIC をオンにした状態では,チャンバー内の煙の微粒子数は時間の経過とともに有意に減少した.(18) = -0.88、< .001、WRNMMC; (18) = -0.91、< .001、MAMC。同様に、チャンバー内の生理食塩水ネブライザー微粒子数は、経時的に有意に減少した。(23) = -0.82、< .001、WRNMMC;(23) = -0.70、< .001、MAMC。ワーキングポートモデルでは、チャンバー内の粒子数は時間の経過とともに有意に減少した。(23) = -0.95, < 0.001, WRNMMC; (23) = -0.85, < 0.001, MAMC.CAMICがオンになったとき、煙、生理食塩水ネブライザー、またはワーキングポートモデルでは、有意なリークは検出されませんでした。

RESULTS: With the CAMIC on, smoke particulate counts inside the chamber significantly decreased over time: (18) = -0.88, < .001, WRNMMC; (18) = -0.91, < .001, MAMC. Similarly, saline nebulizer particulate counts inside the chamber significantly decreased over time: (23) = -0.82, < .001, WRNMMC; (23) = -0.70, < .001, MAMC. In the working port model, particulate counts inside the chamber significantly decreased over time: (23) = -0.95, < .001, WRNMMC; (23) = -0.85, < .001, MAMC. No significant leak was detected in the smoke, saline nebulizer, or working port model when the CAMIC was turned on.

結論:

CAMICシステムは、チャンバー内の粒子を積極的に除去し、出口を制限するバリアを提供しているように見える。臨床的な適用性を判断するためには,さらなる研究が必要である.CAMICは、医療従事者の安全性と患者の転帰を向上させるための補助的な機能を果たす可能性がある。

CONCLUSIONS: The CAMIC system appears to provide a barrier that actively removes particles from within the chamber and limits egress. Further studies are necessary to determine clinical applicability. The CAMIC may serve as an adjunct to improve health care worker safety and patient outcomes.