国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

難治性OABと特発性尿閉に対する仙骨神経刺激。表現型は患者の転帰を改善することができるか.ICI-RS 2019? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Neurourol. Urodyn..2020 Jul;39 Suppl 3:S96-S103. doi: 10.1002/nau.24204.

難治性OABと特発性尿閉に対する仙骨神経刺激。表現型は患者の転帰を改善することができるか.ICI-RS 2019?

Sacral nerve stimulation for refractory OAB and idiopathic urinary retention: Can phenotyping improve the outcome for patients: ICI-RS 2019?

  • Sachin Malde
  • Tom Marcelissen
  • Desiree Vrijens
  • Apostolos Apostilidis
  • Sajjad Rahnama'I
  • Linda Cardozo
  • Thelma Lovick
PMID: 32662561 DOI: 10.1002/nau.24204.

抄録

AIMS:

仙骨神経刺激(SNS)は、難治性の特発性過活動膀胱(OAB)や特発性尿閉の治療に広く用いられている。しかし、臨床転帰は様々であり、成功や副作用の予測因子を理解することは、治療のパーソナライズと転帰の最適化を可能にすると考えられる。国際失禁研究学会の2019年国際協議会では、SNSの基礎科学的研究の進歩が、SNS治療を受ける患者の転帰を改善するために、どのように臨床の現場に翻訳できるかを議論するためのシンクタンクが招集された。

AIMS: Sacral nerve stimulation (SNS) is widely used to treat refractory idiopathic overactive bladder (OAB) and idiopathic urinary retention. However, clinical outcomes are variable and understanding predictive factors for success or side-effects would enable personalization of therapy and optimization of outcomes. At the International Consultation on Incontinence-Research Society meeting 2019, a Think Tank was convened to discuss how advances in the basic science study of SNS may be translatable into clinical practice to improve outcomes of patients undergoing SNS treatment.

方法:

我々は、患者の表現型を決定する現在の方法、特に、SNSの作用機序に関する基礎科学研究の進歩をどのように臨床の現場で活用し、患者の治療選択を改善することができるかに焦点を当てて、文献レビューと専門家によるコンセンサス会議を行った。

METHODS: We conducted a literature review and expert consensus meeting focusing on current methods of phenotyping patients and specifically, how advances in basic science research of the mechanism of action of SNS can be translated into clinical practice to improve patient selection for therapy.

結果:

特発性OAB」および「特発性尿閉」という用語は、いくつかの基礎となる病態生理学的表現型を包含している。一般的に、表現型は臨床的および尿力学的因子に基づいている。動物実験では、高周波刺激が末梢神経において急速に発症し、可逆的な伝導ブロックを生じさせることが実証されている。刺激パラメータを変更することで、将来的には臨床適応に応じた治療法の個別化が可能になる可能性がある。同様に、条件刺激およびクローズドループ刺激の進歩により、特定の患者に対してより大きな効果が得られる可能性がある。心理的な併存疾患に基づく表現型の解析は、治療のための患者選択を最適化するために、さらなる研究が必要である。

RESULTS: The terms "Idiopathic OAB" and "idiopathic urinary retention" encompass several underlying pathophysiological phenotypes. Commonly, phenotyping is based on clinical and urodynamic factors. Animal studies have demonstrated that high-frequency stimulation can produce rapid onset, reversible conduction block in peripheral nerves. Altering stimulation parameters may potentially enable personalization of therapy depending upon the clinical indication in the future. Similarly, advances in conditional and closed-loop stimulation may offer greater efficacy for certain patients. Phenotyping based on psychological comorbidity requires further study to potentially optimize patient selection for therapy.

結論:

特発性OABと特発性尿閉は、複数の潜在的な基礎となる表現型を持つ異種疾患である。表現型に応じて各個人のニーズに合わせて刺激パラメータを調整することで、転帰を最適化できる可能性がある。心理的合併症を評価することで、患者の選択が改善される可能性がある。さらなる研究のための領域が提案されている。

CONCLUSIONS: Idiopathic OAB and idiopathic urinary retention are heterogenous conditions with multiple potential underlying phenotypes. Tailoring stimulation parameters to the needs of each individual according to phenotype could optimize outcomes. Assessing psychological comorbidity may improve patient selection. Areas for further research are proposed.

© 2019 Wiley Periodicals, Inc.