会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

放射線誘発黄斑症に対するフルオシノロンアセトニドの治療 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Graefes Arch. Clin. Exp. Ophthalmol..2020 Jul;10.1007/s00417-020-04804-7. doi: 10.1007/s00417-020-04804-7.Epub 2020-07-14.

放射線誘発黄斑症に対するフルオシノロンアセトニドの治療

Treatment of radiation-induced maculopathy with fluocinolone acetonide.

  • Lena Zimmermann
  • Christiane Kneifel
  • Luise Grajewski
  • Ilja F Ciernik
  • Lothar Krause
PMID: 32661701 DOI: 10.1007/s00417-020-04804-7.

抄録

目的:

慢性黄斑浮腫は、脈絡膜腫瘍に対する外部ビーム光治療、プラーク放射線治療、陽子線放射線治療後の放射線誘発性黄斑症(RM)としてよく知られている。現在行われている治療法は、その有効性と臨床的有用性の点で様々である。フルオシノロンアセトニド(FAc)徐放性インプラントの可能性は不明である。我々は、低用量のコルチコステロイドを局所的に継続的に投与することで、絨毛膜腫瘍の症状を改善できるのではないかと仮説を立てた。

PURPOSE: Chronic macular oedema is a well-known presentation of radiation-induced maculopathy (RM) following external beam photon therapy, plaque radiotherapy and proton beam radiotherapy for choroidal tumours. Current therapies vary in respect of efficacy and clinical benefit. The potential of fluocinolone acetonide (FAc) slow-release implants is unknown. We hypothesised that local continuous delivery of low-dose corticosteroids might improve symptoms of RM.

方法:

37歳から68歳の男性5-2人、女性3人の患者は、5×10Gyの超分画スケジュールを用いたRuプラークブラキセラピーまたは定位放射線療法(STx)の後にRMを呈した。すべての患者は第一線でトリアムシノロン注射で治療され、ステロイドに難治性であることが証明された。さらに、2人の患者はセカンドラインの治療としてOzurdex®インプラントを受けていたが、臨床的には何の効果もなかった。FAc徐放性インプラントが注入され、患者は臨床的改善をモニターするためにフォローアップされました。

METHODS: Five-two male and three female-patients from 37 to 68 years presented with RM following Ru-plaque brachytherapy or stereotactic radiation therapy (STx) with photons using a hypofractionated schedule of 5 × 10 Gy. All were treated with triamcinolone injections in first line and proofed to be refractory to steroids. In addition, two patients had received Ozurdex® implants as a second-line treatment, though without any clinical benefit. FAc slow-release implants were injected, and patients were followed up to monitor clinical improvement.

結果:

黄斑浮腫の減少により、すべての患者が治療に反応した。5人中4人(80%)の患者で視力が改善し、1人の患者では安定した視力を示した。毒性の影響や合併症は観察されなかった。

RESULTS: All patients responded to therapy by means of a decrease in macular oedema. In four of five (80%) patients, visual acuity improved, and one patient showed stable visual acuity. No toxic effects or complications were observed.

結論:

FAcの徐放性インプラントは、葉面の解剖学的構造と視覚機能に利益をもたらす有望な治療効果のあるステロイド治療の選択肢である。FAcを用いた徐放性インプラントは、体外注射の頻度と治療負担を軽減することができます。

CONCLUSION: Slow-release implants of FAc are a promising therapeutic potent steroid treatment option to benefit anatomical structures of the fovea and visual function. Slow-release implants with FAc reduce the frequency of intravitreal injections and the therapeutic burden.