会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

HNF1A糖尿病(3型若年者の成熟期糖尿病)患者におけるリナグリプチン治療の有無にかかわらずグリメピリドの有効性と安全性。A Randomized, Double-Blinded, Placebo-Controlled, Crossover Trial (GLIMLINA) | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Diabetes Care.2020 Jul;dc200408. doi: 10.2337/dc20-0408.Epub 2020-07-13.

HNF1A糖尿病(3型若年者の成熟期糖尿病)患者におけるリナグリプチン治療の有無にかかわらずグリメピリドの有効性と安全性。A Randomized, Double-Blinded, Placebo-Controlled, Crossover Trial (GLIMLINA)

Efficacy and Safety of Glimepiride With or Without Linagliptin Treatment in Patients With HNF1A Diabetes (Maturity-Onset Diabetes of the Young Type 3): A Randomized, Double-Blinded, Placebo-Controlled, Crossover Trial (GLIMLINA).

  • Alexander S Christensen
  • Sofie Hædersdal
  • Julie Støy
  • Heidi Storgaard
  • Ulla Kampmann
  • Julie L Forman
  • Marta Seghieri
  • Jens J Holst
  • Torben Hansen
  • Filip K Knop
  • Tina Vilsbøll
PMID: 32661107 DOI: 10.2337/dc20-0408.

抄録

目的:

スルホニルウレアは肝細胞核因子1-α(HNF1A)糖尿病(若年性3型の成熟期糖尿病)の第一選択薬であるが,多くの患者では低血糖のエピソードを伴わずに最適な血糖コントロールが得られない。スルホニルウレア剤グリメピリドとジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤リナグリプチンの併用療法とグリメピリド単剤療法を比較し,血糖変動,血糖コントロール,低血糖のリスクについて検討した。

OBJECTIVE: Sulfonylureas are first-line treatment of hepatocyte nuclear factor 1-α (HNF1A) diabetes (maturity-onset diabetes of the young type 3), but many patients do not achieve optimal glycemic control without episodes of hypoglycemia. We investigated the combination of the sulfonylurea glimepiride and the dipeptidyl peptidase-4 inhibitor linagliptin versus glimepiride monotherapy with respect to glycemic variability, glycemic control, and risk of hypoglycemia.

研究デザインと方法:

無作為化二重盲検クロスオーバー試験において、HNF1A糖尿病患者(=19;平均±SD年齢43±14歳、BMI 24.8±2.8kg/m、糖化ヘモグロビン[HbA] 7.4±0.2% [57.1 ± 7.3 mmol/mol])を対象に、グリメピリド+リナグリプチン5mg(16週間)、ウォッシュアウト(4週間)、4週間の治療に無作為に割り付けた。2% [57.1 ± 7.3 mmol/mol])を、グリメピリド+リナグリプチン5mg(16週)、ウォッシュアウト(4週)、グリメピリド+プラセボ(16週)の治療(またはその逆)に無作為に割り付けた。グリメピリドは、低血糖を伴わない空腹時血糖値4.5~6.0mmol/Lを目標に滴定した。治療の評価は、持続的グルコースモニタリング(CGM)、HbA、食事検査で行った。

RESEARCH DESIGN AND METHODS: In a randomized, double-blinded, crossover trial, patients with HNF1A diabetes ( = 19; mean ± SD age 43 ± 14 years, BMI 24.8 ± 2.8 kg/m, and glycated hemoglobin [HbA] 7.4 ± 0.2% [57.1 ± 7.3 mmol/mol]) were randomly assigned to treatment with glimepiride + linagliptin 5 mg (16 weeks), washout (4 weeks), and glimepiride + placebo (16 weeks) (or vice versa). Glimepiride was titrated targeting a fasting plasma glucose of 4.5-6.0 mmol/L without hypoglycemia. Treatments were evaluated by continuous glucose monitoring (CGM), HbA, and meal test.

結果:

グリメピリド+プラセボと比較して、グリメピリド+リナグリプチンは、主要エンドポイントであるグリセミックエクスカーションの平均振幅(MAGE)(平均差-0.7 mmol/L、0.1540)を有意に改善しなかったが、CGM(-3.6%、0.0401)、HbA(-0.5%、0.0048)およびグリメピリド用量(-0.7 mg/日、0.0099)の変動係数に有意な減少を示した。また、食事時のβ細胞グルコース感受性(C-ペプチド-to-グルコース比で評価)は、グリメピリド+リナグリプチンで改善した。低血糖症の発生率は両治療法で同様であった。

RESULTS: Compared with glimepiride + placebo, glimepiride + linagliptin did not significantly improve the primary end point mean amplitude of glycemic excursions (MAGE) (mean difference -0.7 mmol/L, 0.1540) but displayed significant reductions in coefficient of variation on CGM (-3.6%, 0.0401), HbA (-0.5%, 0.0048), and glimepiride dose (-0.7 mg/day, 0.0099). β-cell glucose sensitivity (assessed as C-peptide-to-glucose ratio) during meal test improved with glimepiride + linagliptin. Incidences of hypoglycemia were similar with both treatments.

結論:

グリメピリドのアドオン治療としてのリナグリプチンは、HNF1A糖尿病患者において、低血糖のリスクを増加させることなく、血糖変動とコントロールを改善した。

CONCLUSIONS: Linagliptin as add-on treatment to glimepiride improved glycemic variability and control without increasing risk of hypoglycemia in patients with HNF1A diabetes.

© 2020 by the American Diabetes Association.