国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

オーストラリアにおけるC型肝炎関連の進行性線維化・肝硬変患者における抗ウイルス剤直接投与後の肝細胞癌の発生率 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
HBPD INT.2020 Jun;S1499-3872(20)30128-4. doi: 10.1016/j.hbpd.2020.06.013.Epub 2020-06-30.

オーストラリアにおけるC型肝炎関連の進行性線維化・肝硬変患者における抗ウイルス剤直接投与後の肝細胞癌の発生率

Hepatocellular carcinoma incidence post direct-acting antivirals in hepatitis C-related advanced fibrosis/cirrhosis patients in Australia.

  • Patrick P Y Chan
  • Miriam T Levy
  • Nicholas Shackel
  • Scott A Davison
  • Emilia Prakoso
PMID: 32660841 DOI: 10.1016/j.hbpd.2020.06.013.

抄録

背景:

HCVの根絶に有効であるにもかかわらず、直接作用型抗ウイルス療法(DAA)は肝細胞がん(HCC)発生率への影響をめぐって議論を呼んでいる。ここでは、DAA療法を受けた進行した線維化/肝硬変を有するHCV患者におけるHCC発生率に関するオーストラリア初のデータを報告した。

BACKGROUND: Despite efficacy in HCV eradication, direct-acting antiviral (DAA) therapy has raised controversies around their impact on hepatocellular carcinoma (HCC) incidence. Herein we reported the first Australian data on HCC incidence in DAA-treated HCV patients with advanced fibrosis/cirrhosis.

方法:

2015 年 4 月から 2017 年 12 月までに DAA 治療を受けた進行性線維化・肝硬変の HCV 患者を対象にレトロスペクティブな単施設研究を実施した。HCC 治療に完全奏効した場合は、HCC の既往歴のある患者を対象とした。

METHODS: We conducted a retrospective single center study of DAA-treated HCV patients with advanced fibrosis/cirrhosis from April 2015 to December 2017. Patients with prior HCC were included if they had complete response to HCC treatment.

結果:

DAA療法を完了した138例のうち、133例(96.4%)が持続的なウイルス学的奏効を達成した(追跡期間中央値23.8カ月)。10例はHCCの既往歴があり、10例中5例(50.0%)に再発がみられたが、128例中7例(5.5%)にde novo HCCがみられた。DAAを受けてからHCCと診断されるまでの期間の中央値は、再発HCCでは34週であったのに対し、de novo HCCでは52週であった(P=0.159)。HCCの既往歴のある患者では、再発した患者(再発していない患者)では、最後のHCC治療からDAAまでの期間の中央値が短かった(12 vs. 164週、P<0.001)。二変量解析では、12週目にウイルス学的奏効が認められなかった(SVR12)(P=0.011)、血小板数(P=0.005)、肝疾患末期モデルスコア(MELD)(P=0.029)、αフェトプロテイン(AFP)(P=0.013)、およびHCCの既往歴(P<0.001)がDAA後のHCCと関連していた。多変量解析では、先行HCC(OR=4.80、95%CI:1.47-48.50、P=0.010)、SVR12失敗(OR=2.83、95%CI:1.71-16.30、P=0.016)、血小板(OR=0.97、95%CI:0.95-0.99、P=0.009)が有意な因子であった。

RESULTS: Among 138 patients who completed DAA therapy, 133 (96.4%) achieved sustained virologic response (median follow-up 23.8 months). Ten had prior HCC and 5/10 (50.0%) developed recurrence, while de novo HCC developed in 7/128 (5.5%). Median time from DAA to HCC diagnosis was 34 weeks in recurrent HCC vs. de novo 52 weeks (P = 0.159). In patients with prior HCC, those with recurrence (vs. without) had shorter median time between last HCC treatment and DAA (12 vs. 164 weeks, P < 0.001). On bivariate analysis, failed sustained virologic response at 12 weeks (SVR12) (P = 0.011), platelets (P = 0.005), model for end-stage liver disease (MELD) score (P = 0.029), alpha fetoprotein (AFP) (P = 0.013), and prior HCC (P < 0.001) were associated with HCC post-DAA. On multivariate analysis, significant factors were prior HCC (OR = 4.80; 95% CI: 1.47-48.50; P = 0.010), failed SVR12 (OR = 2.83; 95% CI: 1.71-16.30; P = 0.016) and platelets (OR = 0.97; 95% CI: 0.95-0.99; P = 0.009).

結論:

我々の研究では、DAAによる治療を受けた進行した線維化/肝硬変のHCV患者において、HCCの再発率が高いことが示された。DAA後のHCC発症に関連する因子は、より進行した肝疾患、SVR12の失敗、および以前にHCCを発症した患者であり、DAAを早期に開始した患者では再発率が高かった。

CONCLUSIONS: Our study demonstrates a high incidence of recurrent HCC in HCV patients with advanced fibrosis/cirrhosis treated with DAA. Factors associated with HCC development post-DAA were more advanced liver disease, failed SVR12 and prior HCC, with higher rates of recurrence in those who started DAA earlier.

Copyright © 2020. Published by Elsevier B.V.