会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

少なくとも1回の流産のための掻爬術を経験したことのある女性における、流産のための拡張術および掻爬術後のヒアルロン酸ゲル塗布後の42ヵ月後の妊娠および新生児の転帰:無作為化比較試験のフォローアップ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Fertil. Steril..2020 Jul;S0015-0282(20)30349-6. doi: 10.1016/j.fertnstert.2020.04.021.Epub 2020-07-10.

少なくとも1回の流産のための掻爬術を経験したことのある女性における、流産のための拡張術および掻爬術後のヒアルロン酸ゲル塗布後の42ヵ月後の妊娠および新生児の転帰:無作為化比較試験のフォローアップ

Pregnancy and neonatal outcomes 42 months after application of hyaluronic acid gel following dilation and curettage for miscarriage in women who have experienced at least one previous curettage: follow-up of a randomized controlled trial.

  • Angelo B Hooker
  • Robert A de Leeuw
  • Jos W R Twisk
  • Hans A M Brölmann
  • Judith A F Huirne
PMID: 32660725 DOI: 10.1016/j.fertnstert.2020.04.021.

抄録

目的:

OBJECTIVE: To study whether intrauterine application of auto-crosslinked polymers of hyaluronic acid (ACP) gel after dilation and curettage (D&C) improves reproductive outcomes.

デザイン:

プロスペクティブ無作為化試験のフォローアップ。

DESIGN: Follow-up of a prospective randomized trial.

設定:

大学および大学付属の教育病院。

SETTING: University and university-affiliated teaching hospitals.

患者:

PATIENT(S): Women with a miscarriage at <14 weeks' gestation with at least one previous D&C were randomized to D&C plus ACP gel (intervention) or D&C alone (control). A hysteroscopy was performed after 8-12 weeks, and if intrauterine adhesion (IUAs) were encountered, adhesiolysis was executed.

介入:

参加者は治療後30ヵ月後にアンケートを受けた。

INTERVENTION(S): Participants received a questionnaire 30 months after treatment.

主なアウトカム評価項目:

進行中の妊娠とその後の妊娠の結果。

MAIN OUTCOME MEASURE(S): Ongoing pregnancy and outcome of subsequent pregnancies.

結果:

進行中の妊娠は、介入群の74.6%(50/67)対対照群の67.2%(43/64)で記録され、妊娠を希望している女性の94.3%(50/53)対71.7%(43/60)で記録された。妊娠に至るまでの期間の中央値は、それぞれ21.9カ月対36.1カ月であった。月経血量の減少は7.5%(5/67)対20.3%(13/64)、月経困難症は14.9%(10/67)対34.4%(22/64)であった。

RESULT(S): Ongoing pregnancies were recorded in 74.6% (50/67) of the intervention group versus 67.2% (43/64) of the control group, and in, respectively, 94.3% (50/53) versus 71.7% (43/60) in the women wishing to conceive. The median times to conception leading to a live birth were, respectively, 21.9 versus 36.1 months. Reduced menstrual blood loss was reported in 7.5% (5/67) versus 20.3% (13/64) and dysmenorrhea in 14.9% (10/67) versus 34.4% (22/64), respectively.

結論:

CONCLUSION(S): Application of ACP gel following D&C performed after miscarriage seems to have a favorable effect on subsequent reproductive outcomes in women with at least one previous D&C. Given the fact that the study was not powered for reproductive outcomes, the data should be interpreted with caution. The effect may be underestimated due to routine removal of IUAs.

ダッチ臨床試験登録番号:

NTR 3120です。

DUTCH CLINICAL TRIAL REGISTRY NUMBER: NTR 3120.

Copyright © 2020 The Authors. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.