会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

循環性エクソソソームロングノンコーディングRNA H19は、胃癌の新しい診断・予後バイオマーカーとしての可能性を示唆している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Int. Med. Res..2020 Jul;48(7):300060520934297. doi: 10.1177/0300060520934297.

循環性エクソソソームロングノンコーディングRNA H19は、胃癌の新しい診断・予後バイオマーカーとしての可能性を示唆している

Circulating exosomal long non-coding RNA H19 as a potential novel diagnostic and prognostic biomarker for gastric cancer.

  • Hui Zhou
  • Weifeng Shen
  • Hongxing Zou
  • Qingshan Lv
  • Pingyang Shao
PMID: 32660285 DOI: 10.1177/0300060520934297.

抄録

目的:

長鎖非コードRNA(lncRNA)は発がんに関与しており、診断用バイオマーカーとして使用される可能性がある。本研究の目的は、胃癌(GC)における血清エクソソームlncRNA H19の臨床的役割を明らかにすることである。

OBJECTIVE: Long non-coding RNAs (lncRNAs) are involved in carcinogenesis and could be used as diagnostic biomarkers. Our study aimed to elucidate the clinical role of serum exosomal lncRNA H19 in gastric cancer (GC).

方法:

この前向き臨床研究では、GC患者81人を対象に血清エクソソームlncRNA H19レベルを測定し、血清lncRNA H19レベルと臨床的特徴との相関関係を分析した。GCにおけるエクソソソームlncRNA H19の診断性能を決定するために、レシーバー・オペレーティング・フィーチャー(ROC)曲線を構築した。

METHODS: In this prospective clinical study, we determined serum exosomal lncRNA H19 levels in 81 patients with GC and analysed the correlations between serum lncRNA H19 levels and clinical characteristics. Receiver operating characteristics (ROC) curves were constructed to determine the diagnostic performance of exosomal lncRNA H19 in GC.

結果:

血清エクソソソームlncRNA H19レベルは、健常対照群と比較して、手術前後のGC患者で有意に上昇していた。さらに、GC患者の血清エクソソソームlncRNA H19レベルは、手術前と比較して手術後に有意に低下した。術前のlncRNA H19レベルはTNM病期と有意に相関していた。エクソソソームlncRNA H19のROC曲線下面積(AUC)は0.849であり、がん抗原19-9および72-4、カルチノエンブリオニック抗原の単独または複合のAUC値よりも有意に高かった。

RESULTS: Serum exosomal lncRNA H19 levels were significantly upregulated in patients with GC both before and after surgery compared with healthy controls. Furthermore, serum exosomal lncRNA H19 levels were significantly decreased after compared with before surgery in patients with GC. Preoperative lncRNA H19 levels were significantly correlated with TNM stage. The area under the ROC curve (AUC) value for exosomal lncRNA H19 was 0.849, which was significantly higher than the AUC values for cancer antigens 19-9 and 72-4 and carcinoembryonic antigen, either alone or combined.

結論:

これらの結果は、循環エクソソソームlncRNA H19が胃がんの診断・予後に有用なバイオマーカーである可能性を示唆している。

CONCLUSIONS: These results suggest that circulating exosomal lncRNA H19 may be a potential biomarker with diagnostic and prognostic value in GC.