国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

アスピリン増悪型呼吸器疾患における蝶形副鼻腔骨形成の比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am J Rhinol Allergy.2020 Jul;:1945892420941732. doi: 10.1177/1945892420941732.Epub 2020-07-13.

アスピリン増悪型呼吸器疾患における蝶形副鼻腔骨形成の比較

A Comparison of Sphenoid Sinus Osteoneogenesis in Aspirin-Exacerbated Respiratory Disease.

  • Madison J Malfitano
  • Griffin D Santarelli
  • Mark Gelpi
  • William C Brown
  • Wesley H Stepp
  • Stephen Hernandez
  • Adam J Kimple
  • Brian D Thorp
  • Adam M Zanation
  • Charles S Ebert
PMID: 32660262 DOI: 10.1177/1945892420941732.

抄録

背景:

アスピリン増悪性呼吸器疾患(AERD)は、過剰なロイコトリエン産生、びまん性ポリープ負担、骨性骨変化を特徴とする。これらの骨の変化はこれまで特徴づけられていなかった。

BACKGROUND: Aspirin-exacerbated respiratory disease (AERD) is characterized by excessive leukotriene production, diffuse polyp burden and osteitic bone changes. These bony changes have not been previously characterized.

目的:

本研究の目的は、AERD患者の蝶形骨洞のCTスキャンで観察された骨の変化を、他の病的副鼻腔炎症状態および非病的対照と比較して特徴づけることである。

OBJECTIVE: The aim of this radiographic study is to characterize the bony changes noted on computed tomography (CT) scans of the sphenoid sinus in patients with AERD compared to other diseased sinonasal inflammatory states and non-diseased controls.

方法:

臨床的にAERDが確認された43人の患者を対象としたレトロスペクティブレビューを行い、非疾患者22人、アレルギー性真菌性副鼻腔炎9人、慢性鼻副鼻腔炎43人の対照者(ポリープなし23人、ポリープあり18人)と比較した。比較測定は、ファインカットCTスキャンを用いて行った。比較部位は、蝶形骨洞間隔、左右側方蝶形骨壁、屋根、蝶形骨洞の左右床であった。標準化された測定値は、2人の別々の鼻科医によって平均化された。

METHODS: A retrospective review of 43 patients with clinically confirmed AERD were included and compared to 22 non-diseased, 9 allergic fungal sinusitis, and 43 chronic rhinosinusitis controls (23 without polyps and 18 with polyps). Comparative measurements were performed using fine-cut CT scans. Sites of comparison were the intersinus septum, the left and right lateral sphenoid wall, the roof, and left and right floor of the sphenoid sinus. Standardized measurements were averaged by two separate rhinologists.

結果:

AERD患者では、ほぼすべての部位において、健康な対照群および疾患を有する対照群と比較して、骨厚が平均的に統計学的に有意に増加しており、中隔間部で最も顕著な変化が認められた(p<0.05)。

RESULTS: Patients with AERD had an average statistically significant increase in bone thickness compared to healthy and diseased controls in nearly every site with the most pronounced changes in the intersinus septum (p < 0.05).

結論:

AERD患者では、対照群と比較して蝶形骨の厚さが有意に増加しており、最も顕著な差は棘突起間中隔である。これらの所見は、臨床医がびまん性鼻ポリポーシスを臨床的に有するAERDの診断の疑いを高めるのに役立つかもしれない。

CONCLUSION: Patients with AERD have significantly increased thickness of the sphenoid bone compared to control groups with the most pronounced difference in the intersinus septum. These findings may help clinicians increase suspicion for a diagnosis of AERD who clinically have diffuse nasal polyposis.