国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

アフリカにおける秋季アーミーワームの局所採卵寄生について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Insects.2020 Jul;11(7). E430. doi: 10.3390/insects11070430.Epub 2020-07-09.

アフリカにおける秋季アーミーワームの局所採卵寄生について

Parasitism of Locally Recruited Egg Parasitoids of the Fall Armyworm in Africa.

  • Saidou A Laminou
  • Malick Niango Ba
  • Laouali Karimoune
  • Ali Doumma
  • Rangaswamy Muniappan
PMID: 32660082 DOI: 10.3390/insects11070430.

抄録

フォールアーミーワーム(FAW)(J.E. Smith)(Lepidoptera: Noctuidae)は、熱帯・亜熱帯アメリカ大陸原産の昆虫で、最近アフリカにも広がり、トウモロコシやソルガムなどの植物種を主に食害するようになった。生物学的防除は、環境に優しい防除方法であり、総合的な病害虫管理アプローチに貢献しています。アフリカでは、いくつかのトリコグラムマチ科の寄生虫やニクソン(Hymenoptera: Platygastridae)がFAWの卵に寄生していることが確認されている。ニジェールでは,sp. (Hymenoptera: Trichogrammatidae)とNixonが卵に寄生していることが確認されている。この2種の卵寄生虫によるFAWの卵への寄生性を実験室で評価し、その後、センチネル卵のフィールドテストを行った。実験室では、FAWの卵の平均78%に寄生したのに対し、sp.は25%であった。sp.は鱗片で完全に覆われた卵塊に寄生することができたが、sp.は覆われていない卵塊にしか寄生しなかった。ソルガムきび畑での農場内放飼は、FAW の卵への寄生の最大 64%を引き起こした。寄生した卵からは生存可能な子孫が得られたが、これは作物の収穫期に第一次世界大戦の卵に寄生することに寄与する可能性がある。我々の知見は、アフリカでの FAW の卵寄生を防止するための補強的放飼の利用に向けた基礎を築くものである。

The fall armyworm (FAW), (J.E. Smith) (Lepidoptera: Noctuidae), is an insect native to the tropical and subtropical Americas that has recently spread to Africa, where it predominately attacks maize, sorghum and other plant species. Biological control is an environmentally friendly way of combatting the pest and contributes to an integrated pest management approach. In Africa, several trichogrammatid parasitoids and Nixon (Hymenoptera: Platygastridae) have been found parasitizing eggs of the FAW. In Niger, the egg parasitoids encountered include sp. (Hymenoptera: Trichogrammatidae) and Nixon. Parasitism of the FAW eggs by the two egg parasitoids was assessed in the laboratory, followed by field testing on sentinel eggs. In the laboratory, parasitized on average 78% of FAW eggs, compared to 25% for sp. was able to parasitize egg masses that were fully covered with scales, while sp. parasitized only uncovered egg masses. On-farm releases of in sorghum fields caused up to 64% of FAW egg parasitism. Parasitized eggs yielded viable progeny, which can contribute to FAW egg parasitism build-up during the cropping season. Our findings lay the groundwork for the use of in augmentative releases against FAW in Africa.