会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

フィカスカリカ多糖体は、C57BL/6マウスのDSS誘発性潰瘍性大腸炎を減衰させる | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Food Funct.2020 Jul;doi: 10.1039/d0fo01162b.Epub 2020-07-13.

フィカスカリカ多糖体は、C57BL/6マウスのDSS誘発性潰瘍性大腸炎を減衰させる

Ficus carica polysaccharide attenuates DSS-induced ulcerative colitis in C57BL/6 mice.

  • Qianhui Zou
  • Xin Zhang
  • Xiaoshuang Liu
  • Yitong Li
  • Qiaoli Tan
  • Qin Dan
  • Tian Yuan
  • Xuebo Liu
  • Rui Hai Liu
  • Zhigang Liu
PMID: 32658237 DOI: 10.1039/d0fo01162b.

抄録

イチジクの果実に含まれるFCPS(Ficus carica polysaccharide)成分は、抗酸化作用や免疫増強作用を示すことが実証されている。しかし、潰瘍性大腸炎の発症を予防できるかどうかは不明であった。そこで我々は、FCPS(150-300 mg/kg bw)を5週間経口投与することで、C57BL/6Jマウスの大腸長を改善し、腸内の炎症細胞の浸潤を抑制することで、DSS誘発性大腸炎を有意に予防したことを報告した。FCPS治療は、杯細胞を保護し、タイトジャンクションタンパク質claudin-1の発現を上昇させ、TNF-αとIL-1βを含むサイトカインの形成を抑制した。FCPSの補充は、大幅にS24-7、バクテロイデス、およびCoprococusの豊富さを強化し、属レベルでエシェリヒアとクロストリジウムの豊富さを抑制することにより、腸内マイクロバイオームを改革した。一貫して、有益な微生物代謝物である短鎖脂肪酸、特にアセテートと酪酸の形成は、FCPS処理した大腸炎マウスにおいて改善された。相関分析の結果、潰瘍性大腸炎に対するFCPSの保護効果は、微生物組成の変化やSCFAの形成と高い相関関係がある可能性が示唆された。結論として、これらの結果は、FCPSサプリメントは炎症性腸疾患を軽減するための有望な栄養戦略である可能性があり、腸内微生物はこれらの有益な効果を提供するために不可欠な役割を果たしていることが示された。

The Ficus carica polysaccharide (FCPS) components of the common fig fruit have been demonstrated to exhibit antioxidant and immunity-enhancing activities. However, it is unclear whether it could prevent the ulcerative colitis development. Here, we reported that 5 week orally administered FCPS (150-300 mg per kg bw) significantly prevented DSS-induced colitis in C57BL/6J mice by improving the colon length and suppressing the infiltration of inflammatory cells in the gut. FCPS treatment protected the goblet cells, elevated the expression of tight junction protein claudin-1, and suppressed the formation of cytokines including TNF-α and IL-1β. FCPS supplementation significantly reformed the gut microbiome by enhancing the abundance of S24-7, Bacteroides, and Coprococus, and suppressing the abundance of Escherichia and Clostridium at the genus level. Consistently, the formation of beneficial microbial metabolites, short chain fatty acids, especially acetate and butyrate, were improved in FCPS-treated colitis mice. The correlation analysis indicated that the protective effects of FCPS on ulcerative colitis might be highly correlated with the microbiota composition changes and the formation of SCFAs. In conclusion, these results indicated that FCPS supplementation could be a promising nutritional strategy for reducing inflammatory bowel disease and the gut microbes play essential roles in providing these beneficial effects.