会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

南アフリカの青年期におけるコミュニティ暴力の目撃から精神的健康問題への経路 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
S. Afr. Med. J..2020 Jan;110(2):145-153. doi: 10.7196/SAMJ.2020.v110i2.13929.Epub 2020-01-29.

南アフリカの青年期におけるコミュニティ暴力の目撃から精神的健康問題への経路

Pathways from witnessing community violence to mental health problems among South African adolescents.

  • G Donenberg
  • P Naidoo
  • A Kendall
  • E Emerson
  • C L Ward
  • A Kagee
  • L Simbayi
  • R Vermaak
  • A North
  • J Mthembu
  • M E Mackesy-Amiti
PMID: 32657687 DOI: 10.7196/SAMJ.2020.v110i2.13929.

抄録

背景:

暴力への暴露と精神衛生上の問題が交錯することは、南アフリカ(SA)の青少年にとって公衆衛生上の危機である。思春期の精神衛生に対する地域社会の暴力の影響を理解することは、将来の介入を知らせることができる。

BACKGROUND: The intersection of violence exposure and mental health problems is a public health crisis for South African (SA) adolescents. Understanding the impact of community violence on adolescent mental health can inform future interventions.

目的:

精神保健を受けている南ア州の青少年におけるコミュニティ暴力への曝露と問題の内在化・外在化の経路、およびこれらの関連性における親とピアの関係の役割を評価する。

OBJECTIVES: To assess pathways between community violence exposure and internalising and externalising problems in SA adolescents receiving mental healthcare, and the roles of parent and peer relationships in these associations.

方法:

参加者(N=120人の親と思春期のペア)は、西ケープ州の4つのメンタルヘルス診療所から募集され、家族ベースのHIV予防研究のパイロット試験に参加した。思春期の子どもたちは、コミュニティ暴力への暴露、親の愛着、リスク行動のピアサポート、精神衛生について報告した。両親は、青年の精神衛生上の問題を内在化させたり、外在化させたりすることについて報告した。参加者は交通費(ZAR30=3米ドル)と買い物券または現金(ZAR50=5米ドル)を受け取りました。

METHODS: Participants (N=120 parent-adolescent pairs) were recruited from four mental health clinics in Western Cape Province to participate in a pilot test of a family-based HIV prevention study. Adolescents reported on their exposure to community violence, parental attachment, peer support of risk behaviour, and mental health. Parents reported on adolescents' internalising and externalising mental health problems. Participants received transport money (ZAR30 = USD3) and a shopping voucher or cash (ZAR50 = USD5) for their time.

結果:

青年の年齢は12~18歳(平均(標準偏差)14.39(1.82)歳)で、53%が男性、67%と33%が黒人アフリカ人、33%が混血の民族性を報告した。両親の94%は女性で、平均月収は3973ザール(397米ドル)であった。男児は女児に比べてコミュニティの暴力を目撃する率が有意に高かった。男児では、コミュニティの暴力と親の愛着の低さから症状の外部化へ、コミュニティの暴力から危険な行動の仲間の支援へと、有意な経路が現れた。女児では、唯一の有意な経路は、親の愛着の低さから危険な行動のピアサポートへの経路であった。

RESULTS: Adolescents were 12 - 18 years old (mean (standard deviation) 14.39 (1.82) years), 53% were male, and 67% and 33% reported black African and mixed-race ethnicity, respectively. Parents were 94% female and reported an average monthly income of ZAR3 973 (USD397). Boys reported significantly higher rates of witnessing community violence than girls. Among boys, significant paths emerged from community violence and low parent attachment to externalising symptoms and from community violence to peer support of risky behaviour. For girls, the only significant path was from low parent attachment to peer support of risky behaviour.

結論:

この横断的な研究は、地域社会での暴力の目撃からSAの青年の間でのメンタルヘルス問題への可能性のある経路に新たな光を当てている。持続的なコミュニティ暴力の文脈で心理的苦痛を促進し、緩和する要因を特定することは、SAの将来にとって非常に重要であり、適切で対象を絞ったエビデンスに基づいた介入の選択と提供を知らせることができる。

CONCLUSIONS: This cross-sectional study sheds new light on the possible pathways from witnessing community violence to mental health problems among SA adolescents. Identifying factors that drive and mitigate psychological distress in the context of persistent community violence is critical to SA's future and can inform the selection and delivery of appropriate and targeted evidence-based interventions.