国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ニューヨーク市三大都市圏のトランスジェンダー女性におけるHIVワクチンと生物医学的予防法に関する知識の評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Transgend Health.2020 Jun;5(2):116-121. 10.1089/trgh.2019.0049. doi: 10.1089/trgh.2019.0049.Epub 2020-06-08.

ニューヨーク市三大都市圏のトランスジェンダー女性におけるHIVワクチンと生物医学的予防法に関する知識の評価

Assessing Knowledge of HIV Vaccines and Biomedical Prevention Methods Among Transgender Women in the New York City Tri-State Area.

  • Nicholas Kenji Taylor
  • Maria R Young
  • Van Don Williams
  • Jorge Benitez
  • DaShawn Usher
  • Scott M Hammer
  • Hong-Van Tieu
  • Magdalena E Sobieszczyk
PMID: 32656354 PMCID: PMC7347014. DOI: 10.1089/trgh.2019.0049.

抄録

トランスジェンダー女性のHIVリスクを低下させるためには、トランスジェンダー女性特有のHIV予防のニーズを理解し、これらのコミュニティの心理社会的、行動的、臨床的ニーズに対応した生物医学的予防介入を設計することが不可欠である。予防的HIVワクチンは、多様な研究参加者を対象に調査中の重要な手段である。我々は、ニューヨーク市に住むHIV陰性トランスジェンダーの女性を対象に、HIVワクチン研究に関する知識、およびHIVワクチン研究への参加に対する最も一般的な障壁と促進要因を評価することを目指した。 2014 年 12 月から 2015 年 7 月にかけて、ニューヨーク市のトライステート地域で募集した 29 名の参加者を対象に、6 つのフォーカスグループを実施した。フォーカスグループの定量的質問票では、人口統計学的情報、行動情報、予防ワクチン研究に関する知識、予防研究に参加する可能性のある理由を評価した。 参加者の年齢中央値は29歳で、41.4%が白人であることを確認した。参加者の半数以上が予防ワクチン研究について聞いたことがあり、大多数がHIV予防研究に参加する上で重要な要素は、コミュニティの共同作業を支援することであると回答した。浮上した主な障壁は、副作用への恐怖、生物医学的研究からの排除感であった。予防研究への参加を促進する要因としては、提供者との信頼関係が挙げられた。 これらの障壁と促進因子は、トランスジェンダーのコミュニティやトランスジェンダーに特化した予防戦略を含む研究の設計において考慮すべき重要なものである。障壁は、ソーシャルメディアや医療提供者を通じて正確な情報を発信することで克服できる可能性がある。

To lower the HIV risk of transgender women, it is imperative to understand their unique HIV prevention needs and design biomedical prevention interventions that are responsive to the psychosocial, behavioral, and clinical needs of these communities. Preventive HIV vaccines are an important modality under investigation in diverse study participants. We sought to assess the knowledge of HIV vaccine research and the most common barriers and facilitators to participation in HIV vaccine studies among HIV-negative transgender women living in New York City. Six focus groups were conducted among 29 participants recruited in the New York City tri-state area from December 2014 to July 2015. Prefocus group quantitative questionnaire assessed demographic, behavioral information, knowledge of preventive vaccine research, and reasons for potential participation in prevention studies. Median age of participants was 29 years and 41.4% identified as white. Over half of participants have heard of preventive vaccine research and majority indicated that an important factor in participating in HIV prevention research is to help the community collective effort. Key barriers that emerged were fear of side effects, feelings of exclusion from biomedical research. Facilitators to participation in prevention studies included trusting relationships with providers. These barriers and facilitators are important to consider in the design of studies inclusive of trans communities and transgender-specific prevention strategies. Barriers may be overcome by disseminating accurate information via social media or health providers.

© Nicholas Kenji Taylor et al. 2020; Published by Mary Ann Liebert, Inc.