会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

トランスジェンダーの人々における性感染症とヒト免疫不全ウイルスの有病率。系統的レビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Transgend Health.2020 Jun;5(2):90-103. 10.1089/trgh.2019.0053. doi: 10.1089/trgh.2019.0053.Epub 2020-06-08.

トランスジェンダーの人々における性感染症とヒト免疫不全ウイルスの有病率。系統的レビュー

Prevalence of Sexually Transmitted Infections and Human Immunodeficiency Virus in Transgender Persons: A Systematic Review.

  • Olivia T Van Gerwen
  • Aditi Jani
  • Dustin M Long
  • Erika L Austin
  • Karen Musgrove
  • Christina A Muzny
PMID: 32656353 PMCID: PMC7347015. DOI: 10.1089/trgh.2019.0053.

抄録

トランスジェンダーの人々におけるヒト免疫不全ウイルス(HIV)およびその他の性感染症(STI)の罹患率が高いことが報告されているにもかかわらず、この集団におけるこれらの感染症の有病率は、実験室で証明されているにもかかわらず、体系的にレビューされていない。我々は、トランスジェンダーにおける実験室で証明されたHIVおよびSTIの診断に関する医学文献のシステマティックレビューとメタアナリシスを行った。 過去50年以内のトランスジェンダー集団における実験室で証明されたHIVおよび/またはSTI検査に関する英文文献のシステマティックレビューを実施した。トランスジェンダー男性とトランスジェンダー女性の両方におけるHIVとSTIの有病率を評価する予備的なメタアナリシスが実施された。対象研究の不均一性を考慮すると、これらの分析は解釈が難しく、我々の結果には含まれていない。 我々の文献レビューでは、11カ国を代表する25件の研究が確認された。これらの研究はすべてトランスジェンダーの女性を対象としており、9件(36%)にはトランスジェンダーの男性に関するデータが含まれていました。最もよく研究されたSTIはHIVで、トランスジェンダー女性の有病率は0%~49.6%、トランスジェンダー男性の有病率は0%~8.3%であった。梅毒、淋病、クラミジアの有病率は、トランスジェンダー女性で1.4~50.4%、2.1~19.1%、2.7~24.7%、トランスジェンダー男性で0~4.2%、0~10.5%、1.2~11.1%であった。淋病とクラミジアの部位別検査の実施方法は様々であった。トリコモナス症に関する有病率データを報告した研究はなかった。 STIとトランスジェンダーの人々について記述した文献では、主にトランスジェンダー女性とHIVに焦点を当てている。トランスジェンダー男性のHIVとSTIに関するデータは不足している。これらの知見は、トランスジェンダー男性におけるHIV/STIの疫学とトランスジェンダーにおけるSTIの関連性についての将来の研究の機会を強調するものである。

Despite reportedly high rates of human immunodeficiency virus (HIV) and other sexually transmitted infections (STIs) among transgender people, laboratory-proven prevalence of these infections in this population has not been systematically reviewed. We performed a systematic review and meta-analysis of the medical literature involving laboratory-proven HIV and STI diagnoses among transgender people. A systematic review of the English literature regarding laboratory-proven HIV and/or STI testing in transgender populations within the last 50 years was performed. Preliminary meta-analyses assessing the prevalence of HIV and STIs among both transgender men and transgender women were performed. Given the heterogeneity of included studies, these analyses were difficult to interpret and not included in our results. Our literature review identified 25 studies, representing 11 countries. All of these studies included transgender women, with 9 (36%) including data on transgender men. HIV was the most commonly studied STI, with prevalence ranging from 0% to 49.6% in transgender women and 0% to 8.3% in transgender men. For syphilis, gonorrhea, and chlamydia, respectively, prevalence ranged from 1.4% to 50.4%, 2.1% to 19.1%, and 2.7% to 24.7% in transgender women and from 0% to 4.2%, 0% to 10.5%, and 1.2% to 11.1% in transgender men. Site-specific testing practices for gonorrhea and chlamydia were variable. No studies reported prevalence data on trichomoniasis. The literature describing STIs and transgender people primarily focuses on transgender women and HIV. Data involving HIV and STIs among transgender men are lacking. These findings highlight opportunities for the future study of epidemiology of HIV/STIs in transgender men and the relevance of STIs in transgender people.

© Olivia T. Van Gerwen et al. 2020; Published by Mary Ann Liebert, Inc.