国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

前切欠き部の伸長を伴うマグナム孔異型 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cureus.2020 Jun;12(6):e8506. doi: 10.7759/cureus.8506.Epub 2020-06-08.

前切欠き部の伸長を伴うマグナム孔異型

Foramen Magnum Variant With Elongation of the Anterior Notch.

  • Somya Bhatnagar
  • Joe Iwanaga
  • Tess Decater
  • Marios Loukas
  • R Shane Tubbs
PMID: 32656022 PMCID: PMC7346306. DOI: 10.7759/cureus.8506.

抄録

大脳孔(FM)の形態学的変異は、性別、年齢、民族によって形状や大きさが異なることが実証されている。今回の報告では、古代ローマ時代の頭蓋骨にユニークな前方ノッチングが見られ、さらに大腿骨前部の前方伸長として特定された。我々の知る限りでは、この特徴は、以前に報告されていませんでした。FMは、その深い位置と重要な構造物への近接性の両方のために、最も困難な脳神経外科領域の一つです。したがって、医師および外科医は、頭蓋頚部病理を適切に診断し、放射線画像を解釈し、手術成績を最適化するために、FMの解剖学的変異を考慮しなければならない。この症例報告では、明らかに稀なFM変異の発生学的可能性と臨床的重要性について述べている。

Morphological variations of the foramen magnum (FM) have been demonstrated to have different shapes and sizes, according to sex, age, and ethnicity. In this report, an ancient Roman skull was found to have a unique anterior notching further specified as an anterior elongation of the FM. To our knowledge, this feature has not been previously reported. The FM is one of the most challenging neurosurgical regions due to both its deep location and proximity to vital structures. Therefore, physicians and surgeons must account for FM anatomical variations in order to properly diagnose craniocervical pathology, interpret radiological images, and optimize surgical outcomes. In this case report, we describe the possible embryology and clinical importance of an apparently rare FM variant.

Copyright © 2020, Bhatnagar et al.