会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

思春期の精神病理学。脳に基づく病理、感受性、および感受性の役割 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Child Dev Perspect.2020 Jun;14(2):104-109. doi: 10.1111/cdep.12365.Epub 2020-04-27.

思春期の精神病理学。脳に基づく病理、感受性、および感受性の役割

Adolescent Psychopathology: The Role of Brain-based Diatheses, Sensitivities, and Susceptibilities.

  • Amanda E Guyer
PMID: 32655684 PMCID: PMC7351097. DOI: 10.1111/cdep.12365.

抄録

精神病理学のいくつかの形態の発症率は、拡大する社会的・文脈的相互作用、ストレス因子、および設定に同調した脳回路の洗練と一致する思春期にピークを迎える。一部の思春期の若者は精神衛生上の困難を経験するが、ほとんどの若者は重大な問題を発症しない。概念的な研究は、青年期の社会的文脈に対する神経生物学的感受性における脳に基づく個人差が、精神病理学と幸福感の発達に一役買っていることを示唆している。本論文では、脳の構造と機能の個人差が、思春期の社会的文脈での経験と精神病理学の関係を中和するという考えを支持する証拠をまとめている。このアプローチが、サイコパスロジーの最大のリスクを抱えている思春期や、ポジティブな結果をもたらす可能性のある思春期、および介入から最も恩恵を受ける可能性のある思春期を特定するための発達研究において、なぜ重要なのかを論じている。

The rates of onset for several forms of psychopathology peak during adolescence, which coincides with the refinement of brain circuitry attuned to expanding social-contextual interactions, stressors, and settings. While some adolescents experience mental health difficulties, most do not develop significant problems. Conceptual work suggests that brain-based individual differences in adolescents' neurobiological susceptibility to their social contexts play a role in the development of psychopathology and well-being. In this article, I summarize evidence supporting the idea that individual differences in brain structure and function moderate the relation between adolescents' social-contextual experiences and psychopathology. I discuss why this approach is important in developmental research designed to identify adolescents at greatest risk for psychopathology or poised for positive outcomes, as well as those who may benefit most from intervention.