国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

スリランカのマラリア。最近の撲滅の原因を調査し、再感染を防ぐための計画を立てる | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Vector Borne Dis.2019 Jul-Sep;56(3):179-188. JVectorBorneDis_2019_56_3_179_289390. doi: 10.4103/0972-9062.289390.

スリランカのマラリア。最近の撲滅の原因を調査し、再感染を防ぐための計画を立てる

Malaria in Sri Lanka: Investigating causes of the recent elimination and making plans to prevent reintroduction.

  • W D Hirunika N Perera
  • P A D H Nayana Gunathilaka
  • Andrew W Taylor-Robinson
PMID: 32655066 DOI: 10.4103/0972-9062.289390.

抄録

スリランカは、長い間マラリアの流行に悩まされてきた国である。このような歴史的背景の中で、2016年にインド洋の島国が公衆衛生上重要なこの寄生虫性疾患の撲滅を公式に祝うことができたことは注目に値する。スリランカで記録された最も壊滅的なアウトブレイクは、8万人近い人間の死者が報告された1934年から35年の間に発生しました。1947年に殺虫剤DDTとマラチオンを使用した屋内残留散布が開始され、マラリアの発生率を急速に低下させることに成功した。しかし、不十分な媒介者対策、これらの殺虫剤に対する蚊の抵抗性、一般的に使用されている薬剤に対する血液段階の寄生原虫の抵抗性が、その後のマラリア発生の主な原因と考えられている。このような状況にもかかわらず、スリランカは2012年10月に局所的に感染したマラリア患者がゼロになり、2007年以降に記録された死亡者数がゼロになったという重要な節目を達成した。ベクターサーベイランス、寄生虫検査、臨床症例管理は、マラリアの根絶につながった可能性が高い集団的な効果的活動であった。しかし、輸入された症例による再感染のリスクが高く、媒介者の感染に対する永続的な脆弱性が残っています。マラリアの再興を防ぐためには、継続的な財政支援、スリランカに存在する媒介種の持続的な監視、迅速な発見と早期診断による輸入症例の効果的な管理が必要である。これらの早急な実用的優先事項に加えて、ベクターの生物学とベクターの能力に影響を与える遺伝的変異についてのさらなる研究が、再導入を回避する方法を明らかにするのに役立つであろう。このレビューでは、過去のマラリア流行の決定要因、撲滅の現状を達成し維持するために展開された戦略、この成功から得られた教訓、そして感染の再燃を回避するための計画についての洞察を得ることができる。

Sri Lanka is a country that has long suffered from epidemics of malaria. In this historical context, it is remarkable that in 2016 the Indian Ocean island nation was able to officially celebrate the elimination of this parasitic disease of major public health importance. The most devastating outbreak recorded in Sri Lanka was during 1934-35, when close to 80,000 human deaths were reported. Indoor residual spraying with the insecticides, DDT and malathion commenced in 1947 and was successful in causing a rapid decline in malaria incidence. However, poor vector control measures, resistance of mosquitoes to these insecticides and resistance of blood-stage Plasmodium parasites to the prevailing drugs used are considered the principal reasons for the occurrence of subsequent outbreaks. Despite this, Sri Lanka achieved the significant milestone of zero locally transmitted malaria cases in October 2012 and zero recorded deaths since 2007. Vector surveillance, parasitological examination, and clinical case management were collective effective activities that most likely led to elimination of malaria. Yet, there remains a high risk of reintroduction due to imported cases and an enduring vulnerability to vector transmission. In order to prevent re-establishment of malaria, continued financial support, sustained surveillance for vector species present in Sri Lanka and effective control of imported cases through rapid detection and early diagnosis are all required. In addition to these immediate practical priorities, further studies on vector biology and genetic variations that affect vectorial capacity would help to shed light on how to avoid reintroduction. This review affords an insight into the determinants of past malaria epidemics, strategies deployed to achieve and maintain the current status of elimination, lessons learnt from this success and plans to avoid resurgence of infection.