国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

複雑な急性B型大動脈解離に対する血管内修復術の5年後の転帰 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Thorac. Cardiovasc. Surg..2020 May;S0022-5223(20)31092-8. doi: 10.1016/j.jtcvs.2020.03.162.Epub 2020-05-13.

複雑な急性B型大動脈解離に対する血管内修復術の5年後の転帰

Five-year outcomes of endovascular repair of complicated acute type B aortic dissections.

  • Joseph E Bavaria
  • William T Brinkman
  • G Chad Hughes
  • Aamir S Shah
  • Kristofer M Charlton-Ouw
  • Ali Azizzadeh
  • Rodney A White
PMID: 32654872 DOI: 10.1016/j.jtcvs.2020.03.162.

抄録

目的:

胸部血管内大動脈修復術は急性複雑型B型大動脈解離に対する標準治療であるが、長期的な単一デバイスでの転帰は限られている。

OBJECTIVE: Thoracic endovascular aortic repair is the standard of care for acute complicated type B aortic dissections, but long-term single-device outcomes are limited.

方法:

50人の患者が、急性複雑型B型大動脈解離に対してValiant Captivia胸部ステントグラフト(Medtronic Inc, Santa Rosa, Calif)で治療を受けた。全死亡、二次手技、重篤な有害事象が評価され、コアラボで大動脈リモデリングの画像が評価された。

METHODS: Fifty patients were treated with the Valiant Captivia thoracic stent graft (Medtronic Inc, Santa Rosa, Calif) for acute complicated type B aortic dissections in this prospective, nonrandomized Dissection Trial. All-cause mortality, secondary procedures, and serious adverse events were assessed, and a core lab evaluated images for aortic remodeling.

結果:

5年後の追跡調査では、臨床と画像診断の両方のコンプライアンスは78%(23人中18人)であった。注目すべきベースラインの特徴は、86%の患者(50人中43人)にマルパーフュージョン、20%の患者(50人中10人)に破裂、94%の患者(49人中46人)にDeBakeyクラスIIIBの解離があったことであった。解離に関連した死亡率、解離に関連した二次処置、内出血からの5年間の自由度は、それぞれ83%、86%、85%であった。5年後、89%の患者(18例中16例)で大動脈のステント留置部に完全に血栓性の偽内腔が認められ、ステントグラフトの長さにわたる真の内腔径は94%の患者(17例中16例)で安定または増加したが、5年後の偽内腔径は77%の患者(17例中13例)で安定または減少していた。

RESULTS: Compliance for both clinical and imaging follow-up was 78% (18 out of 23) for the available patients at 5 years. Notable baseline characteristics were 86% of patients (43 out of 50) had malperfusion, 20% (10 out of 50) had ruptures, and 94% (46 out of 49) had DeBakey class IIIB dissections. The 5-year freedom from dissection-related mortality, secondary procedures related to the dissection, and endoleaks was 83%, 86%, and 85%, respectively. After 5 years, 89% of patients (16 out of 18) had a completely thrombosed false lumen in the stented segment of the aorta and the true lumen diameter over the length of stent graft was stable or increased for 94% of patients (16 out of 17) while the false lumen diameter was stable or decreased in 77% (13 out of 17) after 5 years.

結論:

Dissection Trialでは、患者は大動脈リモデリングの肯定的かつ持続的な測定を経験した。生存成績、二次手技の必要性、有害事象の発生率は、過去の胸部血管内大動脈修復研究と一致していた。フォローアップの遵守には限界があるが、Valiant Captivia胸部ステントグラフトシステムは、困難な状態にあるこの患者集団の急性複雑型B型大動脈解離の長期管理に有効であった。

CONCLUSIONS: In the Dissection Trial, patients experienced positive and sustained measures of aortic remodeling. Survival outcomes, need for secondary procedures, and adverse event rates were consistent with previous thoracic endovascular aortic repair studies. Although limitations exist with the follow-up compliance, the Valiant Captivia thoracic stent graft system was effective in the long-term management of acute complicated type B aortic dissections in this patient population with a challenging condition.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.