国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

内視鏡的額の若返りにおける鼻の輪郭の検討 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Facial Plast Surg Aesthet Med.2020 Jul;doi: 10.1089/fpsam.2020.0142.Epub 2020-07-10.

内視鏡的額の若返りにおける鼻の輪郭の検討

Consideration of Nasal Contour in Endoscopic Forehead Rejuvenation.

  • Natalie A Homer
  • Kevin Elwood
  • Alison H Watson
  • Marie Somogyi
  • Tanuj Nakra
  • Sean Blaydon
PMID: 32654507 DOI: 10.1089/fpsam.2020.0142.

抄録

予備的研究では、内視鏡による額のリフトアップ後の鼻の美学的改善が示唆されている。我々は、低侵襲的な額の若返り術後の鼻の輪郭の主観的および客観的変化を評価することを目的とした。 2004年から2018年までに、1つの手術センターで4人の外科医による内視鏡的額のリフトアップを受けた患者を対象に、レトロスペクティブレビューを実施した。すべての患者は、ラディックスを覆う軟部組織の骨膜下鈍離を有していた。鼻の輪郭の変化は、4人の独立した審査員がグローバル審美的改善スケールを用いて、術前と術後の患者写真で評価した。鼻の長さおよび長さと基底比の客観的な変化は、ImageJソフトウェアを使用して患者の写真上で測定された。測定値は、年齢と性別の人口統計学的変数によってさらに比較された。 合計326人の患者が包含基準を満たした。集計判定の結果、鼻の輪郭が臨床的に改善した患者は79.4%(非常に改善した患者が11.1%、非常に改善した患者が25.6%、改善した患者が42.6%)、変化なしの患者が20.1%、悪化した患者が0.6%であった。術後の平均鼻長(2.17mm、<0.0001)と長さ対基底比(0.03、<0.0001)には統計学的に有意な増加が認められた。年齢や性別で層別化しても、鼻プロポーションの変化の程度に有意な差は認められなかった。 内視鏡的額のリフトアップ術後、鼻の輪郭と長さには主観的かつ定量的な改善が見られます。この変化は理想的な顔のプロポーションを回復させ、患者さんにこの手術を提供する際のカウンセリングポイントになるかもしれません。

Preliminary studies have suggested an improvement in nasal aesthetics after endoscopic forehead lifting. We aimed to assess subjective and objective changes in nasal contour after minimally invasive forehead rejuvenation. We performed a retrospective review of patients who underwent endoscopic forehead lifting by four surgeons at a single surgery center from 2004 to 2018. All patients had subperiosteal blunt release of soft tissues overlying the radix. Changes in nasal contour were assessed on pre- and postoperative patient photos by four independent judges using the Global Aesthetic Improvement Scale. Objective changes in nasal length and length-to-base ratio were measured on patient photographs using ImageJ software. Measurements were further compared by demographic variables of age and gender. In total, 326 patients met inclusion criteria. Summative judging results revealed 79.4% of patients with clinical improvement in nasal contour (11.1% very much improved, 25.6% much improved, and 42.6% improved), 20.1% with no change and 0.6% with worsening. There was a statistically significant increase in average nasal length (2.17 mm,  < 0.0001) and length-to-base ratio (0.03,  < 0.0001) postoperatively. Stratification of patients by age and gender did not reveal a significant difference in degree of nasal proportion change. There is a noteworthy subjective and quantitative improvement in nasal contour and length after endoscopic forehead lifting. This change restores ideal facial proportions and may serve as a useful counseling point when offering this surgery to patients.