国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

大腸直腸癌の結節期に対するリンパ節再サンプリングの影響を評価する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Histopathology.2020 Jul;doi: 10.1111/his.14209.Epub 2020-07-11.

大腸直腸癌の結節期に対するリンパ節再サンプリングの影響を評価する

Evaluating the Impact of Lymph Node Resampling on Colorectal Cancer Nodal Stage.

  • Christopher Tran
  • Christopher Howlett
  • David K Driman
PMID: 32654207 DOI: 10.1111/his.14209.

抄録

エーアイエムズ:

大腸がん(CRC)におけるリンパ節の病期分類は、予後を予測し、術後の治療方針を決定する際の指針となる。標準的には最低12個のリンパ節が広く用いられており、必要に応じて追加サンプリングが行われる。しかし、このような状況下でのリンパ節再サンプリングが結節ステージにどのような影響を与えるかについてのデータはほとんどない。本研究の目的は、転移および腫瘍沈着の検出におけるリンパ節再サンプリングの有効性、および病期への影響を評価することである。

AIMS: Nodal staging in colorectal cancer (CRC) informs prognosis and guides adjuvant treatment decisions. A standard minimum of 12 lymph nodes is widely used, with additional sampling performed as required. However, there is little data on how lymph node resampling in this context has an impact on nodal stage. The aim of this study was to evaluate the effectiveness of resampling in detecting metastases and tumour deposits, and the impact on stage.

方法および結果:

2008年から2018年の間に、初期収量が12未満のために再サンプリングを受けたCRC切除を対象に、レトロスペクティブなコホート解析を行った。患者の人口統計、検体、悪性度、切除に関するデータを収集した。再サンプリング前後の結節転移と腫瘍沈着を定量化するためにスライドをレビューした。≧pN1症例のうち、ロジスティック回帰分析を実施して、追加の転移および腫瘍沈着物の発見を予測する因子を評価した。このコホートは395例で構成され、そのうち30例(7.6%)でリサンプリングにより結節転移および/または腫瘍沈着が同定された;20例(5.1%)で結節隆起が生じた;8例(2.0%)でpN0から≧pN1に変化した。陽性リンパ節または腫瘍沈着物の再サンプリングを予測する因子はなく、pNの隆起は様々な症例で発生した。II期症例(n=117)における高リスクの特徴に対する再サンプリングの影響を評価するために、サブグループ分析を実施した。再サンプリング後にハイリスクの特徴がなくなった患者は33例(8.5%)であった。

METHODS AND RESULTS: A retrospective cohort analysis was performed on CRC resections that underwent resampling due to an initial yield of <12, from 2008-2018. Data relating to the patient demographics, specimen, malignancy, and prosection were collected. Slides were reviewed to quantify nodal metastases and tumour deposits before and after resampling. Among ≥pN1 cases, logistic regression analysis was performed to evaluate factors that predicted finding additional metastases and tumour deposits. The cohort comprised 395 cases, of which resampling identified nodal metastases and/or tumour deposits in 30 (7.6%) cases; nodal upstaging occurred in 20 (5.1%) cases; 8 (2.0%) changed from pN0 to ≥pN1. No factors predicted resampling positive lymph nodes or tumour deposits, and pN upstaging occurred across a variety of cases. A subgroup analysis was performed to assess the impact of resampling on high-risk features in stage II cases (n=117). There were 33 (8.5%) patients who no longer had any high-risk features after resampling.

結論:

リンパ節再サンプリングは、かなりの割合の患者で結節の病期分類と可能性のある治療法の決定に影響を与え、12個未満のリンパ節を有するすべての症例で推奨される。

CONCLUSIONS: Lymph node resampling has an impact on nodal staging and possible treatment decisions in a considerable proportion of patients and is recommended in all cases with <12 lymph nodes.

This article is protected by copyright. All rights reserved.