会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

カナダの形成外科レジデントの手の手術経験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Hand Surg Am.2020 Jul;S0363-5023(20)30272-0. doi: 10.1016/j.jhsa.2020.05.005.Epub 2020-07-08.

カナダの形成外科レジデントの手の手術経験

Canadian Plastic Surgery Resident Operative Experience in Hand Surgery.

  • Celine Yeung
  • Jessica G Shih
  • Aaron D C Knox
  • Nick Zhygan
  • Douglas J Courtemanche
  • Joel S Fish
  • Mitchell H Brown
  • Dimitri Anastakis
PMID: 32653104 DOI: 10.1016/j.jhsa.2020.05.005.

抄録

目的:

手の外科手術におけるコアプロシージャルコンピテンシー(CPC)については以前に述べたことがある。しかし、形成外科の研修医がこれらの手技について十分な手術経験を積んでいるかどうかは不明である。本研究では、カナダの形成外科研修医がレジデンシートレーニング中に手の外科手術のCPCに十分な経験を積んでいるかどうかを明らかにすることを目的とした。

PURPOSE: Core procedural competencies (CPCs) in hand surgery have been previously described. However, it is unknown whether plastic surgery residents receive sufficient operative experience with these procedures. This study aimed to determine whether Canadian plastic surgery residents are receiving adequate exposure to CPCs in hand surgery during residency training.

方法:

2004年から2014年の間にカナダの英語圏の10の研修プログラムで卒業した形成外科研修医が記録した手の外科手術の症例ログを3つのデータベースからレビューした。手外科手術における各CPCについて、研修医の役割と自己コンピテンシーのスコアを収集し、分析した。コアとなる手続き的コンピテンシーには、コア必須手続き的コンピテンシー(CEPCs)と非必須手続き的コンピテンシーが含まれている。

METHODS: Hand surgery case logs recorded by graduating plastic surgery residents at 10 Canadian English-speaking training programs between 2004 and 2014 were reviewed from 3 databases. For each CPC in hand surgery, perceived resident role and self-competence scores were collected and analyzed. Core procedural competencies encompass core essential procedural competencies (CEPCs) and nonessential procedural competencies.

結果:

この研究には55名の卒業した形成外科研修医が含まれていた。42のCPCで合計14,909件の手技が記録され、1人当たり平均271件の手技が記録された。手外科のサブドメイン別に分類すると、最も多くの手技が外傷性指損傷(29%)と神経障害(22%)に関連していた。最も少ない手技は、フラップ再建(0.3%)と筋リリース(0.1%)であった。多くの研修医は、手術経験がないと報告していた(範囲、2%~100%)、またはCEPCの症例数が1~10例(範囲、7%~50%)であった。卒業する研修医のほとんど(58%~72%)は、最も一般的な手技の60%を独立して行う能力があるとは感じていなかった。役割と自己能力との間、および卒後年度と自己能力との間には、弱から中程度の相関関係があった。

RESULTS: There were 55 graduating plastic surgery residents included in the study. A total of 14,909 procedures were logged for 42 CPCs, with an average of 271 procedures/resident. When grouped by subdomain within hand surgery, procedures with the most exposure were related to traumatic finger injuries (29%) and neuropathies (22%). The least common procedures were related to flap reconstructions (0.3%) and muscle release (0.1%). Many residents reported receiving no operative experience (range, 2% to 100%) or between 1 and 10 cases of CEPCs (range, 7% to 50%). Most graduating residents (58% to 72%) did not feel competent independently performing 60% of the most common procedures. There were weak to moderate correlations between role and self-competence, and between postgraduate year and self-competence.

結論:

現在、多くの形成外科研修医は、手の外科におけるCEPCの半数以上が、ほとんど何の露出もない状態で研修プログラムを卒業している。

CONCLUSIONS: Currently, many plastic surgery residents graduate from training programs with little to no exposure for over half of the CEPCs in hand surgery.

臨床応用:

手の外科のCPCが非常に多様であることを考えると、研修医がすべてのCPCで研修期間中に十分な手術経験を積むことは困難である。

CLINICAL RELEVANCE: Given the great diversity in hand surgery CPCs, it is difficult for residents to gain adequate operative experience during their residency in all of the CPCs.

Copyright © 2020 American Society for Surgery of the Hand. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.