会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

卵巣がん女性における不眠症とその生活の質との関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Gynecol. Oncol..2020 Jul;S0090-8258(20)32326-X. doi: 10.1016/j.ygyno.2020.06.500.Epub 2020-07-09.

卵巣がん女性における不眠症とその生活の質との関連

Insomnia and its association with quality of life in women with ovarian cancer.

  • Tanya L Ross
  • Anna DeFazio
  • Michael Friedlander
  • Peter Grant
  • Christina M Nagle
  • Merran Williams
  • Penelope M Webb
  • Vanessa L Beesley
PMID: 32653100 DOI: 10.1016/j.ygyno.2020.06.500.

抄録

目的:

不眠症は卵巣がんの女性によくみられるが、その頻度と患者への影響の程度に関するプロスペクティブデータは限られている。我々の目的は、卵巣がんの診断後最初の3年間の不眠症の有病率、および不眠症と生活の質との関係を明らかにすることであった。

OBJECTIVES: Insomnia is common in women with ovarian cancer but there are limited prospective data on the frequency and degree of impact on patients. Our objective was to determine the prevalence of insomnia over the first three years after a diagnosis of ovarian cancer; and the relationship between insomnia and quality of life.

方法:

OPAL(Ovarian cancer, Prognosis And Lifestyle)は、オーストラリアの上皮性卵巣がん女性を対象としたプロスペクティブ研究である;894人が診断後3ヵ月後、6ヵ月後、9ヵ月後、12ヵ月後、24ヵ月後、36ヵ月後の不眠症の症状、投薬、およびQOLに関する情報を提供した。一般化線形混合モデルを用いて、同時期および3ヵ月後に測定された不眠症とQOLの関係を決定した。

METHODS: OPAL (Ovarian cancer, Prognosis And Lifestyle) is a prospective study of Australian women with epithelial ovarian cancer; 894 provided information on insomnia symptoms, medications and quality of life at three, six, nine, 12, 24 and 36 months after diagnosis. Generalised linear mixed models were used to determine the relationship between insomnia and quality of life measured at the same time and three months later.

結果:

女性の4分の1が診断後3年以内に臨床的不眠症と一致する症状を報告し、さらに13%が定期的に睡眠薬を使用していた(合計36%が影響を受けていた)。診断前に不眠症の症状を報告した7%を除くと、22%が新たに不眠症を報告したが、化学療法を受けている女性を除くと17%に減少した。臨床的(14%)または不顕性(28%)の不眠症症状を有する女性の割合は、診断後3ヵ月の時点で最も高かった。不眠症のない女性と比較して、臨床的不眠症を有する女性は、同時に測定したQOLが有意に低かった(8.4ポイント低下、95%CI:7.2-9.5)、および3ヵ月後に測定したQOLが有意に低かった(5.5ポイント低下、95%CI:3.4-7.6)。

RESULTS: One-quarter of women reported symptoms consistent with clinical insomnia within three years after diagnosis and an additional 13% regularly used sleep medication (total 36% affected). Excluding 7% who reported insomnia symptoms before diagnosis, 22% reported new insomnia, which reduced to 17% when also excluding women on chemotherapy. The proportion of women with clinical (14%) or subclinical (28%) insomnia symptoms was highest at three months after diagnosis. Compared to women with no insomnia, those with clinical insomnia had significantly lower quality of life measured at the same time (8.4 points lower, 95% CI: 7.2-9.5), and three months later (5.5 points lower, 95% CI: 3.4-7.6).

結論:

卵巣がんの女性の3分の1以上が診断後に不眠症を経験する可能性が高い;これは持続し、生活の質の低下と関連している可能性がある。

CONCLUSIONS: Over a third of women with ovarian cancer likely experience insomnia after diagnosis; this may persist and is associated with poorer quality of life.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.