会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ムチン1発現の制御と口腔疾患との関係 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arch. Oral Biol..2020 Jul;117:104791. S0003-9969(20)30169-2. doi: 10.1016/j.archoralbio.2020.104791.Epub 2020-07-01.

ムチン1発現の制御と口腔疾患との関係

Regulation of mucin 1 expression and its relationship with oral diseases.

  • Bina Kashyap
  • Arja M Kullaa
PMID: 32652493 DOI: 10.1016/j.archoralbio.2020.104791.

抄録

目的:

本研究の目的は、多型ムチン1(MUC1)について記述し、正常口腔粘膜および口腔粘膜病変におけるMUC1の既知の複雑で多重な機能を概観するとともに、MUC1の異質性に関連する課題を探ることである。現在の知見をレビューし、MUC1を治療薬として使用することによる将来の管理の可能性についての洞察を提供する。

OBJECTIVE: The aim of this study is to describe the polymorphic mucin 1 (MUC1), and to provide an overview of the known complex and multiple functions of MUC1 in normal oral mucosa and oral mucosal lesions in compromised situations as well as exploring the challenges associated with the heterogeneous nature of MUC1. We will review the current knowledge and provide insights into the future management possibilities of using MUC1 as a therapeutic agent.

方法:

電子データベースの文献検索はMEDLINE(1966年~2019年12月)を、クロスリファレンスのハンドサーチはムチン、MUC1に関連する用語を用いて行った。

METHODS: A literature search of the electronic databases included MEDLINE (1966 -December 2019) and hand searches of cross-references were undertaken using terms related to mucins, MUC1.

研究成果:

MUC1は、ほとんどの上皮細胞表面の先端面に発現する大きな膜貫通型糖タンパク質である。潤滑、細胞表面の水分補給、分解酵素からの保護に関与するだけでなく、MUC1は異常な細胞シグナル、血管新生、抗接着、腫瘍形成を促進する。異常なグリコシル化、過剰発現、アピカルコンストラクションの喪失は、正常細胞から癌細胞への変容の特徴である。本総説では、特に口腔上皮細胞の正常・異常状態におけるMUC1の発現・機能に関する研究をまとめた。また、MUC1の現在の知見と未踏領域についても紹介する。

RESULTS: MUC1 is a large transmembrane glycoprotein expressed on the apical surface of most of epithelial cell surfaces. Not only is it involved in lubrication, cell surface hydration, and protection against degrading enzymes, MUC1 also promotes abnormal cellular signalling, angiogenesis, anti-adhesion and tumorigenesis. Aberrant glycosylation, overexpression, loss of apical constraint are characteristics of the transformation of a normal cell to a cancerous cell. This review summarizes studies of MUC1 expression and function with a special emphasis on oral epithelial cells in normal and abnormal conditions. In addition, current knowledge of MUC1 and unexplored areas of MUC1 are presented.

結論:

MUC1は典型的な膜貫通型タンパク質であり、異所性領域にMUC1が存在すると、特定の酵素の調節障害や様々な経路の活性化につながり、炎症反応や腫瘍形成の発達を促進する可能性がある。本レビューでは、将来の治療法開発におけるMUC1の可能性を検討する。

CONCLUSION: MUC1 is an archetypical transmembrane protein, the presence of MUC1 in ectopic regions may lead to dysregulation of certain enzymes and activation of various pathways, favouring the development of inflammatory responses and tumour formation. This review examines the potential of MUC1 in the development of future therapeutics.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.