国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

アンフェタミン使用障害患者の血清プロテオミクスプロファイリング | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Drug Alcohol Depend.2020 Jul;214:108157. S0376-8716(20)30322-7. doi: 10.1016/j.drugalcdep.2020.108157.Epub 2020-07-02.

アンフェタミン使用障害患者の血清プロテオミクスプロファイリング

Serum proteomic profiling of patients with amphetamine use disorder.

  • Fawaz Alasmari
  • Sary Alsanea
  • Afshan Masood
  • Khalid Alhazzani
  • Ibrahim O Alanazi
  • Mohthash Musambil
  • Assim A Alfadda
  • Musaad A Alshammari
  • Abdullah F Alasmari
  • Hicham Benabdelkamel
PMID: 32652378 DOI: 10.1016/j.drugalcdep.2020.108157.

抄録

背景:

アンフェタミン使用障害は近年流行性疾患として分類されている。アンフェタミン使用/乱用は、いくつかの神経学的および炎症性の影響と関連している。しかし、これらの影響に関与する正確なメカニズムについては、さらなる調査が必要である。本研究の目的は、アンフェタミン使用障害患者と分類された人の血清プロテオームの変化を対照者と比較して決定することであった。

BACKGROUND: Amphetamine use disorder has been recently classified as an epidemic condition. Amphetamine use/abuse has been associated with several neurological and inflammatory effects. However, the exact mechanism involved in these effects warrants further investigation. The aim of this study was to determine any alterations in the serum proteome of individuals classified as patients with amphetamine use disorder compared to that of control subjects.

方法:

タンパク質の発現パターンを同定するために、質量分析法と結合した二次元差分ゲル電気泳動を用いた非標的プロテオミクスアプローチを用いた。本研究のために、アンフェタミン使用障害の被験者10名と健常者10名を含む20名(男性)から血清サンプルを採取した。

METHODS: An untargeted proteomic approach employing two-dimensional difference in gel electrophoresis coupled with mass spectrometry was used to identify the patterns of differentially expressed proteins. Serum samples were collected from 20 individuals (males) including 10 subjects with amphetamine use disorder and 10 healthy controls for the present study.

結果:

その結果、アンフェタミン依存症患者と対照群では、78個のタンパク質の発現量に有意な差があることが明らかになった。そのうち、アンフェタミン中毒群では71個のタンパク質がアップレギュレーションされていたのに対し、7個のタンパク質はダウンレギュレーションされたままであった。これらのタンパク質は、他のバイオマーカーとの相関性を調べるために、さらに創意工夫経路解析(IPA)によって解析された。IPA解析の結果、変化したタンパク質はマイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAP2K1/K2)、p38MAPK、プロテインキナーゼB(PKB、Akt)、細胞外シグナル調節キナーゼ(ERK1/2)、核因子κBシグナル伝達経路との相関性が明らかになりました。重要なことは、これらの経路は神経疾患、炎症性反応、細胞障害に大きく関与していることである。

RESULTS: The analysis revealed 78 proteins with a significant difference in protein abundance between the amphetamine-addicted subjects and controls. Among them, 71 proteins were upregulated while 7 proteins remained downregulated in the amphetamine-addicted group. These proteins were further analyzed by ingenuity pathway analysis (IPA) to investigate their correlation with other biomarkers. IPA revealed the correlation of altered proteins with mitogen-activated protein kinase (MAP2K1/K2), p38MAPK, protein kinase-B (PKB; Akt), extracellular signal-regulated kinase (ERK1/2), and nuclear factor-κB signaling pathways. Importantly, these pathways are highly involved in neurological diseases, inflammatory responses, and cellular compromise.

結論:

我々のデータは、アンフェタミン投与群と対照群の血清タンパク質レベルの変化が、細胞障害、炎症反応、神経疾患に影響を与えている可能性を示唆している。

CONCLUSIONS: Our data suggest that the changes in the levels of serum proteins between amphetamine and control groups might affect cellular compromise, inflammatory response, and neurological diseases.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.