国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

セリアック病の病態における腸内細菌叢の役割と潜在的な治療的意味合い | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur J Nutr.2020 Jul;10.1007/s00394-020-02324-y. doi: 10.1007/s00394-020-02324-y.Epub 2020-07-10.

セリアック病の病態における腸内細菌叢の役割と潜在的な治療的意味合い

Role of the gut microbiota in the pathogenesis of coeliac disease and potential therapeutic implications.

  • Anthony K Akobeng
  • Parul Singh
  • Manoj Kumar
  • Souhaila Al Khodor
PMID: 32651763 DOI: 10.1007/s00394-020-02324-y.

抄録

目的:

遺伝的素因やグルテンへの暴露はセリアック病の発症に必要な誘因と考えられているが、腸内微生物組成の変化もセリアック病の発症に寄与している可能性がある。このレビューでは、腸内細菌叢がセリアック病の原因で役割を果たしている可能性のあるメカニズムに関する利用可能なデータの概要を提供し、微生物異常症の結果を減少させることができる可能性のある治療戦略について議論することを目的としています。

PURPOSE: Although genetic predisposition and exposure to dietary gluten are considered necessary triggers for the development of coeliac disease, alterations in the gut microbial composition may also contribute towards the pathogenesis of coeliac disease. This review aims to provide an overview of the available data on the potential mechanisms through which the gut microbiota plays a role in the causation of coeliac disease and to discuss the potential therapeutic strategies that could diminish the consequences of microbial dysbiosis.

方法:

文献検索は、PubMed、Embase、JSTORデータベースを用いて行われ、関連する論文が含まれていた。

METHOD: A search of the literature was performed using the PubMed, Embase, and JSTOR databases; relevant articles were included.

結果:

セリアック病患者を対象とした最近の研究では、Bacteroides、Prevotella、Escherichiaなどのグラム陰性菌属の相対量が増加し、BifidobacteriaやLactobacilliなどの保護性抗炎症性細菌の量が減少していることが報告されている。微生物相の異常は、免疫応答の異常につながり、それがセリアック病の病因に寄与している可能性がある。乳児期には、抗生物質の使用や特定の乳児への給餌習慣が、発育中の腸内細菌叢に変化をもたらし、免疫成熟過程に影響を与え、セリアック病の素因となる可能性があります。

RESULTS: Recent studies in patients with coeliac disease have reported an increase in the relative amounts of gram negative bacterial genera such as Bacteroides, Prevotella, and Escherichia, and reduced amounts of protective anti-inflammatory bacteria such as Bifidobacteria and Lactobacilli. Dysbiotic microbiota may lead to a dysregulated immune response that may contribute to the pathogenesis of coeliac disease. In infancy, antibiotic use and certain infant feeding practices may lead to alterations in the developing gut microbiota to influence the immune maturation process and predispose to coeliac disease.

結論:

腸管免疫系とグルテン不耐症の誘導は、特定のマイクロバイオータの相対的な豊富さによって影響を受ける可能性があります。乳幼児の摂食習慣、食事、抗生物質、感染症などの要因は、腸内微生物組成に影響を与えるため、セリアック病の発症に関与している可能性がある。セリアック病におけるグルテンフリー食の補助的治療として、プロバイオティクス、プレバイオティクス、糞便微生物移植などの腸内細菌叢の潜在的な調節因子の有効性は証明されておらず、さらなる調査が必要である。

CONCLUSION: The induction of the intestinal immune system and gluten intolerance may be influenced by the relative abundance of certain microbiota. Factors such as infant feeding practices, diet, antibiotics, and infections, may be involved in the development of coeliac disease due to their influence on gut microbial composition. The efficacy of potential modulators of the gut microbiota such as probiotics, prebiotics, and fecal microbial transplant as adjunctive treatments to gluten-free diet in coeliac disease is unproven and requires further investigation.